CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

独自のドロップダウンウィンドウを持った.NETアプリケーションの作成

PlusPak for Windows Forms 6.0JのGcComboFrameコントロールを使ったアプリケーションの作成

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/05/23 14:00

 PlusPak for Windows Forms 6.0JのGcComboFrameは、ドロップダウン機能により効率的なレイアウトを作成できるコントロールです。複数のコントロールをコンテントパネルやドロップダウン領域に配置し、使うときだけサイドボタンをクリックして折りたたんでいるドロップダウン領域を展開する、という便利な機能を実装できます。今回はこのGcComboFrameコントロールを使って、交通費を清算する簡単なアプリケーションを作成してみました。

目次

はじめに

 Windowsフォームの効率的なレイアウトを考えるのは、Windowsプログラマの永遠のテーマではないかと思ってしまいます。限られたフォームの面積に多くの操作コントロールを組み込むために、いろいろな方法が考えられてきましたが、その方法の1つに「ドロップダウン」があります。

 PlusPak for Windows Forms 6.0JのGcComboFrameコントロールは、このドロップダウン機能をうまく使って効率的なレイアウトを作成するコンテナコントロールです。複数のコントロールをコンテントパネルやドロップダウン領域に配置し、使うときだけサイドボタンをクリックして折りたたんでいるドロップダウン領域を展開する、という便利な特長を持っています。

 今回は、このGcComboFrameコントロールを使い、交通費を清算する簡単なアプリケーションを作成してみました。

GcComboFrameコントロールのサイドボタンをクリックすると電卓コントロールが使える
GcComboFrameコントロールのサイドボタンをクリックすると電卓コントロールが使える
ドロップダウン領域を閉じると、電卓のデータがテキストボックスに表示される
ドロップダウン領域を閉じると、電卓のデータがテキストボックスに表示される

対象読者

 Visual Basic、Visual C# 2010を使ってプログラムを作ったことのある人

必要な環境

 Visual Basic 2010、Visual C# 2010、Visual Studio 2010でプログラムが作れる環境。なお、本プログラムはWindows Vista上で動作するVisual Studio 2010を使用して作成し、動作確認を行っています。

※サンプルソース実行時の注意事項

 PlusPak for Windows Forms 6.0Jを使って作成したアプリケーションを配布する場合、PlusPak for Windows Forms 6.0Jのアセンブリファイルを添付する必要があります。これは、Common Language RuntimeのDLLをアプリケーションと一緒に配布するのと同じです。


 本記事のサンプルアプリケーションを正常に動作させるためには、次のファイルをインストールする必要があります。


インストールするファイル
ファイル名 説明
GrapeCity.Win.PlusPak.v60.dll 本体アセンブリ
GrapeCity.Framework.PlusPak.v21.dll フレームワークアセンブリ

 これらのファイルを、プログラムを実行するフォルダにフォルダ構成を変えずに格納します。.NET FrameWork2.0から追加されたクラスやメンバを使用しているので、.NET FrameWork2.0以上のバージョンの.NET FrameWorkがインストールされていることが必須条件です。


 また、本製品のユーザーインタフェースやエラーメッセージを日本語で表示するためには、本体アセンブリファイルと共にサテライトアセンブリファイルを配布する必要があります。本体アセンブリファイルを配布したフォルダに「ja」という名前のフォルダを作成して、サテライトアセンブリファイルをコピーしてください。


アセンブリの内容
ファイル名 説明
GrapeCity.Win.PlusPak.v60.resources.dll 本体アセンブリのサテライトアセンブリ
GrapeCity.Framework.PlusPak.v21.resources.dll フレームワークアセンブリのサテライトアセンブリ

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(PlusPak)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5