Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

HTML5アプリ開発用JavaScriptライブラリ「jAction ver1.02」リリース

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/05/23 17:05

 tadashikuとクリエイトウェーブは、両社が共同運営する、HTML5によるWebアプリケーション開発用JavaScriptライブラリプロジェクト「jAction」を、22日にver0.09からver1.02へバージョンアップした。

 おもな変更点は、「入れ子構造の採用」「変数名の見直し」「ja.TweenClassの統合」「FacebookClassの無償化」の4点で、今回のバージョンアップによって、HTML5によるWebアプリケーション開発を、より効率化できるようになっている。

 「入れ子構造の採用」では、これまでレイヤーの異なるオブジェクトを制御する際に、オブジェクトを個別にコーディングする必要があったところを、あるレイヤーのオブジェクトをコーディングすれば、そのレイヤーに紐付いている他のレイヤーにあるオブジェクトも制御可能にした。これによって、複数のレイヤーにまたがる動的なWebアプリケーション開発の大幅な効率化を実現できる。

 「変数名の見直し」では、変数名をWebプログラマにとって、より馴染みのあるものに変更した。具体的な変更点は、以下の通り。

  • (変更前)boxObj→(変更後)ja.BoxClass
  • (変更前)root→(変更後)ja.Stage
  • (変更前)imageObj→(変更後)ja.imageUnitObj
  • (変更前)AudioClass→(変更後)ja.AudioClass
  • (変更前)TextClass→(変更後)ja.TextClass

 「ja.TweenClassの統合」では、Webアプリケーション開発において使用頻度の高い、プロパティ値を指定したフレーム間をイージング処理によって値を変えるクラス「ja.TweenClass」を、プラグインから「jAction」本体に統合した。

 「FacebookClassの無償化」では、これまで有償だったWebアプリケーションと「Facebook Graph API」を連携するクラス「FacebookClass」を、今回のバージョンアップによって無償にしている。


【関連リンク】
tadashiku
クリエイトウェーブ
「jAction」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5