CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

視覚効果の高いユーザーインタフェースを持ったフォームの作成

PlusPak for Windows Forms 6.0Jのコントロールを使ったアプリケーションの作成

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/08/01 00:00
目次

ロゴを設定して仕上げる

 最後に、ロゴと画像を設定し、GcLabelコントロールで見出しを作成します。

 標準コントロールのPictureBoxコントロールでロゴと英字の写真を設定します。

コントロール プロパティ 設定値
PictureBox1 Image logo.jpg
SizeMode AutoSize
PictureBox1 Image english.jpg
SizeMode StretchImage
Size 270, 200

 GcLabelコントロールを配置し、背景色にグラデーションを設定します。グラデーションは、プロパティウィンドウの「GradientEffect」プロパティを使用します。このプロパティの値欄をクリックすると、「グラデーションエディタ」が起動するので、ここで2色を選びます。

設定 背景色
開始色 255, 128, 0
終了色 128, 64, 0
種類 DiagonalUp
方向 センター
「グラデーションエディタでグラデーションを設定する
「グラデーションエディタでグラデーションを設定する

 AutoSizeプロパティをFalseにして、TextプロパティとFontプロパティを設定します。

プロパティ 設定値
AutoSize False
Text 目指せ!TOEIC 800点
Font-Size 20
ForeColor 64, 0, 0
Size 450, 50
TextHAlign Center
TextVAlign Middle

 以上でできあがりです。

まとめ

 PlusPak for Windows Forms 6.0Jは、標準コントロールを使っていて「こんな機能があればいいのに」という機能を組み込んでくれている、とても拡張性の高いコントロールです。今回はごく一部しか紹介できませんでしたが、これだけでも十分視覚効果の高いフォームをデザインできます。



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(PlusPak)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5