Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

視覚効果の高いユーザーインタフェースを持ったフォームの作成

PlusPak for Windows Forms 6.0Jのコントロールを使ったアプリケーションの作成

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/08/01 00:00

 PlusPak for Windows Forms 6.0Jは、Windowsアプリケーション開発のユーザーインターフェース設計を総合的にサポートするコントロールセットです。今回は、標準コントロールだけでは実装できない、自由度の高いフォームを持つアプリを作成してみました。

目次

はじめに

 アプリケーションの使いやすさや楽しさは、何と言ってもフォームのデザインで感じることができます。標準コントロールのボタンやラジオボタン、チェックボックスやチェックマークはちょっと味気ないですね。もう少し自由なデザインができれば、フォームを綺麗に飾ることができます。

 PlusPak for Windows Forms 6.0Jは、Windowsアプリケーション開発のユーザーインターフェース設計を総合的にサポートするコントロールセットです。収録されているコントロールは、標準コントロールでは実装できない細やかな制御を実現できます。

 そこで今回は、PlusPak for Windows Forms 6.0Jのコントロールを使用して、標準とは一味違うフォームを作成してみました。

ボタン、ラジオボタン、チェックボックスに好きな画像を割り当てられる
ボタン、ラジオボタン、チェックボックスに好きな画像を割り当てられる
マウスの動作に反応して画像を切り替えて表示できる
マウスの動作に反応して画像を切り替えて表示できる

対象読者

 Visual Basic、Visual C# 2010を使ってプログラムを作ったことのある人

必要な環境

 Visual Basic 2010、Visual C# 2010、Visual Studio 2010でプログラムが作れる環境。なお、本プログラムはWindows 7(64bit)で動作するVisual Studio 2010を使用して作成し、動作確認を行っています。

プログラム実行時の注意事項

 PlusPak for Windows Forms 6.0Jのコントロールを使って作成したアプリケーションを配布する場合、PlusPak for Windows Forms 6.0Jのアセンブリファイルを添付する必要があります。これは、Common Language RuntimeのDLLをアプリケーションと一緒に配布するのと同じです。

 本記事のサンプルアプリケーションを正常に動作させるためには、次のファイルをインストールする必要があります。

ファイル名 説明
GrapeCity.Win.PlusPak.v60.dll 本体アセンブリ
GrapeCity.Win.PlusPak.v60.resources.dll 本体アセンブリのサテライトアセンブリ(

 上記のファイルを、プログラムを実行するフォルダに格納します。.NET Framework 2.0から追加されたクラスやメンバを使用しているため、バージョン2.0以上の.NET Frameworkがインストールされていることが必須条件です。

※日本語表示の設定

 ユーザーインターフェースやエラーメッセージを日本語で表示するためには、本体アセンブリファイルと共にサテライトアセンブリファイルを配布する必要があります。本体アセンブリファイルを配布したフォルダに「ja」という名前のフォルダを作成して、サテライトアセンブリファイルをコピーしてください。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(PlusPak)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5