CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

視覚効果の高いユーザーインタフェースを持ったフォームの作成

PlusPak for Windows Forms 6.0Jのコントロールを使ったアプリケーションの作成

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/08/01 00:00
目次

カスタムチェックマークを持ったチェックボックスの作成

 続いて、GcCheckBoxコントロールを使ってカスタムチェックマークを持ったチェックボックスを作成します。

 このチェックボックスも、これまでと同様、未チェックの状態/マウスホバー状態/チェックを付けた状態の3つの状態によってチェックマークの画像を入れ替えます。

カスタムチェックマークを持ったチェックボックスの作成
カスタムチェックマークを持ったチェックボックスの作成

 ツールボックスからGcCheckBoxコントロールをフォームにドラッグ&ドロップしたら、次のプロパティを操作して文字列を設定します。

プロパティ 設定値
Text SOUND ON
Font-Bold True

 プロパティウィンドウのCheckMarkプロパティを展開し、各プロパティに画像イメージを設定します。なお、チェックボックスのチェックボックスの不確定な状態は使わないため「Indeterminate」で始まるプロパティは使用しません。

プロパティ 設定値
CheckedHoverImage mute.jpg
CheckedNormalImage mute.jpg
CheckedPressedImage mute.jpg
IndeterminateHoverImage (なし)
IndeterminateNormalImage (なし)
IndeterminatePressedImage (なし)
UncheckedHoverImage hover_volume.jpg
UncheckedNormalImage volume.jpg
UncheckedPressedImage volume.jpg
プロパティウィンドウで画像を設定
プロパティウィンドウで画像を設定

 CheckMarkSizeプロパティを「30, 30」に変更したら、チェックボックスがチェックされた時に、テキストの文字と文字色を変えてサウンドがオフになっていることがわかるようにします。

 これは、GcCheckBoxコントロールのイベントハンドラを使用しコードで処理を行います。GcCheckBoxコントロールがクリックされるとCheckedChangedイベントが発生するため、このイベントハンドラでチェックマークがついた時はテキストを「Sound Off」にしForeColorプロパティを「LightBlue」にします。チェックがついていない時はテキストを「Sound On」にし、ForeColorプロパティを「Black」にします。

Visual Basic
Private Sub GcCheckBox1_CheckedChanged(sender As System.Object, e As System.EventArgs) Handles GcCheckBox1.CheckedChanged
    If GcCheckBox1.Checked = True Then
        GcCheckBox1.Text = "Sound Off"
        GcCheckBox1.ForeColor = Color.LightBlue
    Else
        GcCheckBox1.Text = "Sound ON"
        GcCheckBox1.ForeColor = Color.Black
    End If
End Sub
C#
private void gcCheckBox1_CheckedChanged(object sender, EventArgs e)
        {
             if(gcCheckBox1.Checked == true)
             {
                gcCheckBox1.Text = "Sound Off";
                gcCheckBox1.ForeColor = Color.LightBlue;
             }else
             {
                gcCheckBox1.Text = "Sound ON";
                gcCheckBox1.ForeColor = Color.Black;
             }
        }

 GcCheckBoxコントロールの下にGcLabelコントロールを配置し、サウンドに関する説明文を設定します。文字列が長いので、「AutoSize」プロパティを「False」に、「WrapMode」プロパティを「WordWrap」に設定し、文字列を折り返して表示できるようにします。

「WrapMode」プロパティを「WordWrap」に設定して文字列を折り返して表示する
「WrapMode」プロパティを「WordWrap」に設定して文字列を折り返して表示する

カスタムデザインのボタンを作成する

 GcShapeButtonコントロールを使用して、独自のデザインのボタンを作成します。クリック前/ホバー/クリックの3つの状況に合わせた画像を用意し、プロパティにセットするだけで、簡単に作ることができます。

 なお、GcShapeButtonコントロールはスマートタグのタスクトレイで画像を設定できます。画像の設定用プロパティはGcRadioButtonコントロールのようにCheckMarkプロパティを展開して設定するのではなく、プロパティ名がそれぞれの状況ごとに別々になっています。そのため、プロパティウィンドウを使うとプロパティを探す手間がかかってしまうので、スマートタグを使って画像設定のプロパティを一括表示したほうが効率的です。

カスタムデザインのボタンを作成する
カスタムデザインのボタンを作成する

 ツールボックスからGcShapeButtonコントロールをフォームにドラッグ&ドロップします。スマートタグをクリックし、ボタンの動作イメージを設定します。Textプロパティの文字列は削除しておきます。

プロパティ 設定値
ActiveImage normal_button.jpg
DefaultImage (なし)
DisableImage (なし)
HoverImage hover_button.jpg
NormalImage normal_button.jpg
PressedImage pressed_button.jpg
スマートタグを使って画像を設定
スマートタグを使って画像を設定

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(PlusPak)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5