CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

ドロップダウン表示したグリッドコントロールを使ってデータ入力する.NETアプリケーションの作成

「PlusPak for Windows Forms 6.0J」のGcComboFrameコントロールを使った.NETアプリケーションの作成

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/11/30 14:00
目次

GcBalloonTipコンポーネントについて

 GcBalloonTipコンポーネントは、過去の記事『カスタムバルーンチップを持った.NETアプリケーションを作る』で使用していますが、バージョンが1つ前のものであることと、GcBalloonTipコンポーネントについて詳しく触れていませんので、補足を含めて概要を紹介しておきます。

GcBalloonTipコンポーネントの概要

 GcBalloonTipコンポーネントは、フォーム上に配置されたコントロールにバルーンチップを表示できるようにする拡張コンポーネントです。

 標準コンポーネントのToolTipコンポーネントに比べ豊富なデザイン機能を持ち、表示位置の指定や背景色のグラデーション設定、バルーン内へのコントロールの追加機能など、単なるTips表示にとどまらず多彩な用途に使用できるコンポーネントです。

 そして、専用のデザイナを持ち、以下のプロパティを操作することで外観の装飾や動作を設定することができます。

プロパティ 説明
BackColor バルーンチップの背景色
Caption バルーンチップのキャプション
CaptionFont キャプションのフォント
CaptionCoreColor キャプションの色
Delay 自動的に閉じるまでの時間
GradientEffect バルーンチップの背景のグラデーション
IconType バルーンチップに表示するアイコンの種類
MaxHeight バルーンチップの高さの上限
MaxWidth バルーンチップの幅の上限
Shape バルーンチップの形
ShowCloseButton 閉じるボタンを表示するかどうか
Text バルーンチップに表示するテキスト
TextFont テキストのフォント
TextForeColor テキストの色
UseVisualStyleBackColor 視覚スタイルがサポートされている場合、
視覚スタイルを使用して背景を描画するかどうか

 GcBalloonTipコンポーネントをフォームに配置するとフォーム上の各コントロールのプロパティウィンドウに「GcBalloonTip1のBalloonTipInfo」プロパティが追加されます。

 そして、右側に表示されるボタンをクリックすると、バルーンチップの設定を行うバルーンチップエディタが表示されます。

 このエディタを使用して、コントロールごとにToolTipを設定します。

プロパティウィンドウに「GcBalloonTip1のBalloonTipInfo」プロパティが追加される
プロパティウィンドウに「GcBalloonTip1のBalloonTipInfo」プロパティが追加される
バルーンチップエディタ
バルーンチップエディタ

 背景色の変更やグラデーションを設定する場合は、「UseVisualStyleBackColor」を「False」に設定してから行います。また、バルーンにはキャプションとメッセージの2つを設定します。

 バルーンを使えるようにするには、Showメソッドを実行します。

 どのタイミングでバルーンを表示するのかは、各コントロールのイベントで決めます。そして、そのイベントハンドラでShowメソッドを実行します。

 例えば、Buttonコントロールにマウスポインタが重なった時にバルーンを表示したければ、MouseHoverイベントハンドラでShowメソッドを実行するコードを記述します。

 Showメソッドはオーバーロードされており、引数はメソッドごとに違いますが、一番簡単な書式のShowメソッドでは、引数にバルーンを表示させるコントロール名を指定します。

 次のコードは、Buttonコントロールにマウスポインタが重なった時に、Buttonコントロールの上にバルーンを表示させます。

Visual Basic
Private Sub Button1_MouseHover(sender As System.Object, e As System.EventArgs) Handles Button1.MouseHover
    GcBalloonTip1.Show(Button1)
End Sub
C#
private void button1_MouseHover(object sender, EventArgs e)
{
    gcBalloonTip1.Show(button1);
}
Showメソッド オーバーロード一覧
 Show(Point, BalloonTipInformation)
 Show(Control)
 Show(Control, TipPosition)
 Show(Control, TipPosition, BalloonTipInformation)
 Show(Control, Rectangle, BalloonTipInformation)
 Show(Control, Rectangle, TipPosition, BalloonTipInformation)

 Showメソッドのパラメータの一つ「TipPosition」を使って、バルーンチップの表示位置を設定することができます。設定値はTipPosition列挙のメンバです。

バルーンの表示位置(ヘルプより抜粋)
バルーンの表示位置(ヘルプより抜粋)
TipPosition列挙のメンバ
メンバ名 説明
0 - TopLeft コントロールの左上端を示します。
1 - TopCenter コントロールの中央上端を示します。
2 - TopRight コントロールの右上端を示します。
3 - BottomLeft コントロールの左下端を示します。
4 - BottomCenter コントロールの中央下端を示します。
5 - BottomRight コントロールの右下端を示します。

 また、Showメソッドのパラメータ「control」と「rectangle」を使って、グリッドコントロール内の特定のセルにバルーンチップを表示することが可能です。

グリッドの特定のセルにバルーンを表示できる(ヘルプより抜粋)
グリッドの特定のセルにバルーンを表示できる(ヘルプより抜粋)

 バルーンチップのウィンドウの中にはコントロールを追加して独自のバルーンチップを作ることができます。その際のコントロールの配置は、バルーンチップ内のテキストの下側に配置することができます。

 バルーンチップの大きさは追加されたコントロールのサイズによって自動的にサイズが調整されます。バルーンチップが表示可能なサイズの上限はMaxWidthとMaxHeightプロパティで設定でき、デフォルトでは、幅(MaxWidth)は600ピクセルで、高さ(MaxHeight)には制限は設定されていません。貼り付けたコントロールのサイズが大きくバルーンチップ内に表示しきれない場合は、スクロールバーが表示されます。

コントロールの配置位置と配置例(ヘルプより抜粋)
コントロールの配置位置と配置例(ヘルプより抜粋)

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(PlusPak)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5