CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

ドロップダウン表示したグリッドコントロールを使ってデータ入力する.NETアプリケーションの作成

「PlusPak for Windows Forms 6.0J」のGcComboFrameコントロールを使った.NETアプリケーションの作成

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/11/30 14:00
目次

バルーンチップ表示の処理

 バルーンチップの表示は、ButtonコントロールとGcComboFrameコントロールに、それぞれトリガーとなるイベントハンドラを作成していますので、そこでShowメソッドを実行します。

 Showメソッドでは、表示するコントロールのオブジェクト名と、バルーンの表示位置を指定するTipPosition列挙体のメンバ「BottomRight」を指定します。

 これで、Buttonコントロールは上にマウスポインタが重なるとバルーンが表示され、GcComboFrameコントロールはドロップダウンボタンにマウスポインタが重なるとバルーンが表示されます。ただし、GcComboFrameコントロールが無効状態だとバルーンは表示されません。

 また、最後にButtonコントロールのClickイベントハンドラで、メッセージボックスと「PlusPak for Windows Forms 6.0J」の製品情報を表示する処理を記述します。

Visual Basic
Private Sub GcComboFrame1_MouseHover(sender As System.Object, e As System.EventArgs) Handles GcComboFrame1.MouseHover
    GcBalloonTip1.Show(GcComboFrame1, GrapeCity.Win.Components.TipPosition.BottomRight)
End Sub

Private Sub GcComboFrame2_MouseHover(sender As System.Object, e As System.EventArgs) Handles GcComboFrame2.MouseHover
    GcBalloonTip1.Show(GcComboFrame2, GrapeCity.Win.Components.TipPosition.BottomRight)
End Sub

Private Sub GcComboFrame3_MouseHover(sender As System.Object, e As System.EventArgs) Handles GcComboFrame3.MouseHover
    GcBalloonTip1.Show(GcComboFrame3, GrapeCity.Win.Components.TipPosition.BottomRight)
End Sub

Private Sub GcComboFrame4_MouseHover(sender As System.Object, e As System.EventArgs) Handles GcComboFrame4.MouseHover
    GcBalloonTip1.Show(GcComboFrame4, GrapeCity.Win.Components.TipPosition.BottomRight)
End Sub

Private Sub GcComboFrame5_MouseHover(sender As System.Object, e As System.EventArgs) Handles GcComboFrame5.MouseHover
    GcBalloonTip1.Show(GcComboFrame5, GrapeCity.Win.Components.TipPosition.BottomRight)
End Sub

Private Sub Button1_MouseHover(sender As System.Object, e As System.EventArgs) Handles Button1.MouseHover
    GcBalloonTip1.Show(Button1)
End Sub

Private Sub Button1_Click(sender As System.Object, e As System.EventArgs) Handles Button1.Click
    MessageBox.Show("発注依頼書を送信しました")
    GcComboFrame1.AboutBox()
End Sub
C#
private void gcComboFrame1_MouseHover(object sender, EventArgs e)
{
    gcBalloonTip1.Show(gcComboFrame1, GrapeCity.Win.Components.TipPosition.BottomRight);
}

private void gcComboFrame2_MouseHover(object sender, EventArgs e)
{
   gcBalloonTip1.Show(gcComboFrame2, GrapeCity.Win.Components.TipPosition.BottomRight);
}

private void gcComboFrame3_MouseHover(object sender, EventArgs e)
{
    gcBalloonTip1.Show(gcComboFrame3, GrapeCity.Win.Components.TipPosition.BottomRight);
}

private void gcComboFrame4_MouseHover(object sender, EventArgs e)
{
    gcBalloonTip1.Show(gcComboFrame4, GrapeCity.Win.Components.TipPosition.BottomRight);
}

private void gcComboFrame5_MouseHover(object sender, EventArgs e)
{
    gcBalloonTip1.Show(gcComboFrame5, GrapeCity.Win.Components.TipPosition.BottomRight);
}

private void button1_MouseHover(object sender, EventArgs e)
{
    gcBalloonTip1.Show(button1);
}

private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
{
    MessageBox.Show("発注依頼書を送信しました");
    gcComboFrame1.AboutBox();
}

まとめ

 入力支援用コントロールは、常に表示しておきたいコントロールと違い、使いたい時だけ表示されればよいので、グリッドコントロールなどのようにフォームの面積を広く使うコントロールを、ドロップダウンウィンドウに格納できるGcComboFrameコントロールは、フォームデザイン上とても高い効果を生み出します。

 さらに、ドロップダウンウィンドウに配置したコントロールは、他のコントロールと連動してデータ転送などが行えるわけですから、多くのデータを1つのフォーム内で処理したい、というアプリケーションにはおすすめのコントロールといえます。



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(PlusPak)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5