Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

関数型リアクティブプログラミング言語Elmに学ぶ フロントエンド開発の新しい形 【前編】

Webアプリケーション開発技術の新潮流スタディーズ 第4回

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ数年のWebフロントエンド開発の要求は、以前よりかなり高度なものになりました。 特に大規模なWebアプリ開発では、AngularJSやReact.jsなどのフレームワークを使うことが当たり前になってきています。 一方で、最近では新たなプログラミング手法として「関数型リアクティブプログラミング」(Functional Reactive Programming:以下、FRP)が注目を浴びており、前述のようなフレームワークと組み合わせて使う例も出てきました。 本稿では、FRPを専門に扱うプログラミング言語「Elm」について2回に分けて解説します。

目次
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

修正履歴

  • 2017/03/02 16:35 Elmのバージョンアップに伴う仕様変更についての注意を、記事冒頭に追加しました。

著者プロフィール

バックナンバー

連載:Webアプリケーション開発技術の新潮流スタディーズ
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5