Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

シノプシス、静的コード解析ツール「Coverity 8.5」を発売、新たにRubyとNode.jsに対応し、Androidアプリのセキュリティ解析機能を追加

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/07/12 13:35

 米Synopsysは、静的コード解析ツール「Coverity 8.5」を、7月11日(現地時間)に発売した。

 「Coverity 8.5」では、新たにRubyおよびNode.jsの解析機能を追加したほか、Androidモバイルアプリのセキュリティ解析機能を追加した。また、すでにサポート済みの各種プログラミングのセキュリティ解析機能を強化し、「OWASP Top 10」(Webアプリケーションの脆弱性のトップ10)や「CWE/SANS Top25」(ソフトウェア脆弱性のトップ25)などに指定されているソフトウェアの弱点を検出できる。

 また、「MISRA C 2012」(ソフトウェア・コードのセキュリティ対策促進のためのコーディング・ガイドライン)をフルサポートしており、自動車およびその他のセーフティ・クリティカルな業界のソフトウェア開発支援機能を強化した。

 さらに、最新のIDEを提供するとともに、Coverityをはじめ、ファジングテストツール「Defensics」やソフトウェアコンポジション解析ツール「Protecode Supply Chain」といったソフトウェアインテグレーションプラットフォーム構成ツールによる解析結果の概要を一覧表示したレポート環境「ソフトウェア・インテグリティ・レポート」の提供を行う。

 このほか、ユーザーの拡大やアジア・パシフィックエリアでの事業進展に対応し、中国語(簡体字)にローカライズしたUI、レポート機能、IDEプラグイン、各種文書もあわせて提供する。


【関連リンク】
シノプシス
Coverity(英語)

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5