CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

著者情報

執筆記事

  • 8340_t.gif
    2015/01/19

    オープンソースのCMS「concrete5」5.7を使ってみよう

     「concrete5」は、Webサーバー上で、誰でも簡単に、しかも直感的にホームページの運営管理ができる、手軽で画期的なCMS(コンテンツ・マネージメント・システム)です。本記事では基礎的な構成やテーマの作り方、カスタマイズの仕方などを学習します。

  • 8395_t.gif
    2015/01/19

    速習 Unity 2Dゲーム開発 ~第9回 ターゲットキャラクターの表示(前編)

     前回はゲームの動作で気になる点をいくつか修正しました。キャラクターの表示、左右の移動、ジャンプなどのプレイヤーが操作するキャラクターの基本的な動作が可能になりました。本記事で作成するゲームはプレイヤーキャラクターを操作して、逃げ出したハムスター(ターゲット)を時間内に捕まえるというシンプルなゲームとします。今回は、ターゲットとなるハムスターを表示する処理を実装します。

  • 8137_t.gif
    2014/12/01

    速習 Unity 2Dゲーム開発 ~第8回 ゲームの調整

     前回まででキャラクターをキー操作で移動させ、prefab化した床に飛び乗ることができるようになりました。ただし、キャラクターと床の位置によってはキャラクターが倒れてしまったり、ジャンプのアニメーションが思わずところで発生するなど、細かいところで意図しない動作をすることが確認できました。今回は、これらの動作を修正してゲームの完成度を高める調整をします。

  • 8136_t.gif
    2014/11/27

    速習 Unity 2Dゲーム開発 ~第7回 プレハブによる床の追加

     前回の記事では、キャラクターの移動に合わせたアニメーション処理を追加しました。 ここまででキャラクターの左右への移動とジャンプ、それにあわせたアニメーション処理が実装できました。今回はキャラクターが移動するための床を追加してゲーム画面を作成していきましょう。

  • 8135_t.gif
    2014/11/24

    速習 Unity 2Dゲーム開発 ~第6回 キャラクターのアニメーション(後編)

     前回はアニメーションの素材の用意や、Unityで素材を分割して扱う方法を紹介しました。また、アニメーションを管理するMecanim(メカニム)についても簡単に説明しました。今回は、Mecanim(メカニム)を制御してキャラクターの動作に合わせたアニメーションを完成させます。

  • 8298_t.gif
    2014/11/22

    「Visual Studio Community 2013」&「Visual Studio 2015 Preview」ファーストインプレッション

     2014年11月12日(アメリカ時間)から開催された米Microsoftの「Connect();」というオンラインイベントで、同社の今後を象徴するような大きな発表が行われました。ASP.NETの時期バージョン(vNext)や、本記事で紹介する「無償のVisual Studio Community 2013」と「Visual Studio 2015 Preview」など、開発者が大きな恩恵を受けることを十分に実感できる内容でした。本稿は、「Visual Studio Community 2013...

  • 8134_t.gif
    2014/11/20

    速習 Unity 2Dゲーム開発 ~第5回 キャラクターのアニメーション(前編)

     前回までで、キャラクターをキー操作で左右に移動したり、ジャンプさせたりできるようになりました。ただ、右に動いてもキャラクターが左向きのままであったりと不自然さが残っています。今回はキャラクターの移動に合わせて画像を変化させてみます。前編の今回はアニメーションの作成とプログラムによる呼び出しを紹介します。続く後編では、細かい調整や補足を行い、アニメーションを完成させます。

52件中22~28件を表示



All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5