Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

著者情報

執筆記事

  • 2015/09/03

    マルチプラットフォーム/DevOps対応が大きく強化された統合開発環境「Visual Studio 2015」の概要と主な新機能

     2015年7月20日(現地時間)、Microsoftのソフトウェア開発環境Visual Studioの最新版「Visual Studio 2015」が公開されました。同社の最新OS、Windows 10より約一週間先駆けて登場した統合開発環境(IDE)Visual Studio 2015の概要と新機能を紹介します。

  • 2015/08/13

    Windows 10で始めるIoT入門

     本稿では、7月29日に公開されたIoT向けのWindows 10「Windows 10 IoT」を用いた入門者向け情報を紹介します。Windows 10 IoTによって、Visual Studioを利用した.NET開発のスキルをIoT分野で活かすことができます。また、本稿で紹介するユニバーサルWindowsアプリケーションを利用すれば、IoTデバイスだけでなく、Windows 10を搭載したデスクトップ、タブレット、スマートフォンに向けたアプリケーションを開発することが可能になる注目のテクノロ...

  • 8538_t.gif
    2015/03/24

    速習 Unity 2Dゲーム開発 ~第14回 コントローラーでゲームをする

     これまでアクションゲームの基本となる機能を解説してきました。今回からは、それぞれのプラットフォーム(PC、Webブラウザ、iPhone、Android、Windowsストアアプリなど)に向けてゲームを公開するための準備について紹介していきます。まずはPCとWebブラウザ向けにゲームコントローラーでキャラクターを操作できるようにします。

  • 8399_t.gif
    2015/03/09

    速習 Unity 2Dゲーム開発 ~第13回 シーンの移動処理

     これまで一つのシーン(scene)だけを扱って来ました。スタート画面からゲーム画面へ、最初のステージから次のステージへ、ゲームではシーンを変更したい場面が多くあります。今回はそのような場面でシーンを変更する方法を紹介していきます。

  • 8398_t.gif
    2015/03/02

    速習 Unity 2Dゲーム開発 ~第12回 BGMや効果音を鳴らす

     ゲームにとってBGMや効果音は大事な要素です。音を鳴らすことによってゲームの完成度がぐっと増してモチベーションも高まります。今回は音声ファイルの操作方法を紹介します。

  • 8397_t.gif
    2015/02/17

    速習 Unity 2Dゲーム開発 ~第11回 タイマー処理

     前回までで、プレイヤーキャラクターを操作して、ターゲットとなるハムスターを捕まえるという基本的なゲームの動作を実装しました。今回はゲーム作成には欠かせないタイマー処理を作成していきます。タイマー処理とは定期的に何かの処理を実行する場合や、ゲームの経過時間を表示するなどの用途で利用できます。

  • 8396_t.gif
    2015/02/09

    速習 Unity 2Dゲーム開発 ~第10回 ターゲットキャラクターの表示(後編)

     前回は床の上にハムスターを配置して、床から落下することなく端で反転させるという処理を実装しました。今回は、その処理の仕上げとしてキャラクターまで透明なGameObjectの影響を受ける問題の修正と、キャラクターがハムスターをつかまえた(接触した)際にハムスターを消す処理を実装していきます。

52件中15~21件を表示



All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5