Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

C++Builder 10.2 TokyoでレトロなラケットゲームをiOSで再構築してみる

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/12/21 14:00

目次

パネルを使ったレイアウト

パネルの上にパネルを置く

 次に、Panel1の上にスコアや予備のラケットを表示するボックスを配置します。これらのボックスもPanelを用いて作成しますが、効率よく配置するために、レイアウト用のPanelを用いてその上に配置します。ツールパレットからPanelをドラッグし、Panel1の上でドロップします。このとき、構造ペインで、Panel2がPanel1の子項目となっていることを確認してください。

 もし、Panel1の下にない場合は、構造ペイン上で、Panel2をドラッグしてPanel1上にドロップします。

 正しい親子関係になっていることを確認したら、Panel2のプロパティを設定します。

Panel2のプロパティ
プロパティ
Align Right

 Panel2コンポーネントは右寄せになりますから、左のボーダーをマウスでドラッグして幅を調整してください。

図6 パネルの配置
図6 パネルの配置

 Panel2の上にTPanelを2つ配置します。構造ペイン上で、Panel2の子項目に配置されていることを確認してください。

 配置した2つのパネルに対して、以下のようにプロパティを設定します。

上のパネルのプロパティ
プロパティ
Name ScreenPanel
Align Top
StyleLookup CourtStyle1
下のパネルのプロパティ
プロパティ
Name RacketPanel
Align Client
StyleLookup CourtStyle1

 StyleLookupに設定しているのは、先ほど作成したスタイルです。これで、色が黒に変わります。

図7 StyleLookupの適用
図7 StyleLookupの適用

START/STOPボタンを配置する

 スタートボタンとストップボタンを作成するために使用するコンポーネントは、TSpeedButtonです。今回作成するiOSアプリにはあまり影響はありませんが、このコンポーネントはTButtonと違いフォーカスを得ることがありません。

 SpeedButtonは、Panel1の上に配置します。図を参考にレイアウトを調整してください

図8 SpeedButtonのレイアウト
図8 SpeedButtonのレイアウト
スタートボタンのプロパティ
プロパティ
Name StartButton
Align Left
StyleLookup playtoolbutton
ストップボタンのプロパティ
プロパティ
Name StopButton
Align Left
StyleLookup pausetoolbutton
Enabled False

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • EDN編集部(イーディーエヌ編集部)

    エンバカデロ・デベロッパーネットワーク(EDN)は、ソフトウェア開発者とデータベース技術者のための技術情報サイトです。Delphi、C++Builderをはじめとする開発ツールやER/Studioなどのデータベースツールに関連する技術記事、ビデオなどを提供しています。EDN編集部は、EDN記事と連携...

バックナンバー

連載:EDN CodeZine出張所

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5