CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Raspberry Pi Zeroとクラウドストレージ「Azure Files」を連携しよう

Raspberry Pi Zeroではじめよう! おうちで楽しむIoTレシピ 第8回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/11/19 14:00

目次

Raspberry Pi Zero WからAzure Filesをマウントする方法

 まず、以下のコマンドでRaspbian Stretchのパッケージアップデート、およびファームウェア(Kernel)アップデートを実施します。アップデート後、OSを再起動します。なお、Kernel 4.11以上の場合はこの作業は不要です。

$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade
$ sudo rpi-update
$ reboot

 OS再起動後、Kernel 4.11以上になっているかunameコマンドで確認します。

$ uname -r
4.14.20+

 次に、smbclient をインストールをします。

$ sudo apt install smbclient

 マウントポイント用に/mnt/azureディレクトリを作成します。

$ sudo mkdir /mnt/azure

 マウントしたいFileサービスを選択し、「接続」をクリックし、「Linuxからの接続」に記載されているコマンドをクリップボードにコピーします。

 そして、クリップボードにコピーしたコマンドをRaspbian Stretchで実行し、Azure Filesをマウントします。マウントポイントは先ほど作成したディレクトリ/mnt/azureを指定します。

$ sudo mount -t cifs //ストレージアカウント名.file.core.windows.net/共有名 /mnt/azure -o vers=3.0,username=pistorage,password=key,dir_mode=0777,file_mode=0777,sec=ntlmssp

 dfコマンドでAzure Filesがマウントされているか確認してみましょう。また、ファイルをAzure Filesに作成してみましょう。

$ df -h
$ touch /mnt/azure/test.txt

Azure Filesを永続的にマウントする方法

 mountコマンドで実行した内容は、OSを再起動すると設定が消えてしまいます。永続的に使用したい場合は/etc/fstabにファイル共有のマウントポイントを設定します。

$ sudo nano /etc/fstab
//ストレージアカウント名.file.core.windows.net/共有名 /mnt/azure cifs nofail,vers=3.0,username=ストレージアカウント名,password=key,dir_mode=0777,file_mode=0777,serverino

 設定後、OSを再起動するか以下のmount -aコマンドを実行してマウントポイントを読み込みます。

$ sudo mount -a
$ df -h

smbclientコマンドを使ったファイル送信

 Azure Filesをマウントせず、ファイルを送信する方法をご紹介します。

 「Azure Filesをマウントする方法」と同様に、まず、smbclient をインストールをします。

$ sudo apt update
$ sudo apt install smbclient
「アクセスキー」からストレージアカウント名とKeyを確認する
「アクセスキー」からストレージアカウント名とKeyを確認する

 smbclientのインストールができたらAzure Filesに接続しましょう。

 --user=[ストレージアカウント名]%[password]のように、%の後にpassword(Key1まはたkey2)を入力します。

$ sudo smbclient //[ストレージアカウント名].file.core.windows.net/[共有ファイル用ディレクトリ] --user=[ストレージアカウント名]%[password]  -mSMB3
WARNING: The "syslog" option is deprecated
Domain=[X] OS=[] Server=[]
smb: \>

補足

 WARNING: The "syslog" option is deprecatedと警告文が出る場合がありますが、こちらは無視して構いません。気になる場合は以下のようにsmb.confの設定を変更します。

# sudo vi /etc/samba/smb.conf
syslog = 0
↓
# syslog = 0

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:Raspberry Pi Zeroではじめよう! おうちで楽しむIoTレシピ

もっと読む

著者プロフィール

  • 平 愛美(タイラ マナミ)

     熊本県出身のITエンジニア。2児の母で、趣味は写真とグルメ。最近はRaspberry Pi、Arduinoを使った家庭内IoTについて日々研究するIT系母ちゃんとして活躍中。主な著書は、『改訂3版 Linuxエンジニア養成読本』(寄稿、技術評論社 刊)、『Linuxシステム管理標準教科書』(共著、...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5