CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

第2回 CACHÉの基本操作と拡張性

SQLも使えるオブジェクトデータベース「CACHE'」を知る 2

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/04/02 08:00

目次

CACHÉによるオブジェクト指向開発(1/2)

 Cachéに装備された言語、Caché ObjectScriptによるオブジェクト指向の考え方を使ったプログラムの例を見ていきましょう。オブジェクト指向開発では、クラスがプログラムの単位となります。まずはCachéスタジオを使ってクラスを作成します。

CACHÉスタジオによるクラスの定義

 例として、「人」を表すPersonクラスを定義しますが、クラスを定義する際には、そのクラスが持つ属性を定義する必要があります。Cachéではこの属性のことをプロパティと呼んでいます。この例では、「人」が持つプロパティとして、次のようなものを考えてみました。

項目 プロパティ名
氏名 Name
住所 Address
性別 Gender
誕生日 DOB

 Cachéスタジオでクラスを定義するには、[ファイル]-[新規作成]を選択します。すると、下図のような[新規作成]ダイアログが表示されるので、その[一般]タブより[Cachéクラス定義]を選び[OK]ボタンをクリックします。

CACHÉスタジオ ― 新規作成ダイアログ
CACHÉスタジオ ― 新規作成ダイアログ

 [新規クラスウィザード]が表示されるので、まず、パッケージ名とクラス名を入力します。パッケージとは、クラスを分類する単位です。Javaのようにパッケージを階層的にすることも可能です。ここでは、仮にパッケージ名をFSとし、クラス名をPersonとしました(この場合、このクラスの完全指定は、FS.Personのように、パッケージとクラスを「.(ドット)」でつなげて指定します)。

CACHÉスタジオ ― 新規クラスウィザード
CACHÉスタジオ ― 新規クラスウィザード

 次に進むと、クラスのタイプを指定する画面に移ります。

CACHÉスタジオ ― クラスウィザード ― クラスタイプの選択
CACHÉスタジオ ― クラスウィザード ― クラスタイプの選択

 Cachéにはいくつかのタイプのクラスが定義できますが、ここではPersistentを選択します。これは、クラスをデータベースに保存できるもので、これにより、このクラスのインスタンスをデータベースに保存するコードが自動的に生成されます(このウィザードでは他の項目を設定できますが、ここでは省略します)。[完了]をクリックしてクラス定義を終了しましょう。すると、コードウインドウにクラス定義のテキストが表示されます。

CACHÉスタジオ ― コードウインドウ ― クラス定義
CACHÉスタジオ ― コードウインドウ ― クラス定義

CACHÉスタジオによるプロパティの定義

 続いてプロパティの定義です。Cachéスタジオのメニューで、[クラス]-[追加]-[新規プロパティ]を選択し、[新規プロパティウィザード]を表示させます。

CACHÉスタジオ ― 新規プロパティウィザード
CACHÉスタジオ ― 新規プロパティウィザード

 プロパティ名を前述したNameとし、[次へ]ボタンをクリックすると、プロパティタイプの指定画面になります。Nameは単一値タイプの%Stringとしてください(その他のコレクションタイプなどは後述します)。この例では、ここで[完了]ボタンをクリックしてウィザードを終了します。

CACHÉスタジオ ― 新規プロパティウィザード ― プロパティタイプ指定
CACHÉスタジオ ― 新規プロパティウィザード ― プロパティタイプ指定

 上述したコードウインドウのクラス定義に、今定義したNameプロパティが追加されました。

CACHÉスタジオ ― コードウインドウ ― 追加されたNameプロパティ
CACHÉスタジオ ― コードウインドウ ― 追加されたNameプロパティ

 その他のプロパティも同じように[新規プロパティウィザード]で追加できるのですが、上記のコードウインドウで直接書き込むこともできます。冒頭で定義したプロパティすべてを追加すると、コードウインドウには次のように表示されます。

CACHÉスタジオ ― コードウインドウ ― すべて追加されたプロパティ定義
CACHÉスタジオ ― コードウインドウ ― すべて追加されたプロパティ定義

 誕生日(DOB)のプロパティタイプが、日付を表す%Dateであることに注意してください。また、Genderは、M(男性)もしくはF(女性)のように、あらかじめ決められた値を持つプロパティであると考えられます。このような場合には、値の選択肢をあらかじめ定義しておきましょう。これを行うためには、CachéスタジオのインスペクタにあるコンボボックスでPropertyを選択し、表示されたGenderをダブルクリックして属性の詳細を表示させます。そして、Parameterの+をクリックして展開し、VALUELISTパラメータに「,M,F」と入力します(値の最初がデリミタであることに注意してください。「M,F」とすると、Mがデリミタとみなされてしまいます)。

CACHÉスタジオ ― インスペクタ ― 値の選択肢の設定
CACHÉスタジオ ― インスペクタ ― 値の選択肢の設定

 プロパティ定義がすべて終了したら、クラスをコンパイルします(Cachéスタジオのメニュー[ビルド]-[コンパイル])。コンパイルに成功すると、CachéはこのFS.Personクラスのインスタンスをデータベースに格納するコードを自動生成します。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:SQLも使えるオブジェクトデータベース「CACHE'」を知る

もっと読む

著者プロフィール

  • トップスタジオ(トップスタジオ)

    1997年の創立以来、一貫してPC/IT関連書籍、雑誌等記事の制作業務を手掛けるプロフェッショナル集団。翻訳・編集・DTPのほか、技術監修や著作も多数。

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5