Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

2019年9月にAmazonで売れたIT開発の本は?『Kaggleで勝つデータ分析の技術』が4位に

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/10/08 07:00

 2019年9月の1ヵ月間に、Amazonで売れたIT・コンピューター関連本のランキングを1位から50位まで紹介する。データ分析や機械学習、伴ってPythonの本が何点もランクインしており、新刊では『Kaggleで勝つデータ分析の技術』、ロングセラーとして『Pythonではじめる機械学習』と『独学プログラマー Python言語の基本から仕事のやり方まで』が存在感を放っている。

目次

データ分析、AI(機械学習)、Pythonがトレンド

 2019年9月の1ヵ月間にAmazonで売れたIT・コンピューター関連本、1位から50位までを一挙に紹介(Amazon協力のもと、「コンピュータ・IT」ランキングの一部から作成※)。下記ではIT開発関連の3点を簡単に紹介する。

※以下のカテゴリーから集計。
入門書、コンピュータサイエンス、OS、ネットワーク、プログラミング、アプリケーション、データベース、Web作成・開発

Kaggleで勝つデータ分析の技術

 10月9日発売の『Kaggleで勝つデータ分析の技術』(技術評論社)が早くも4位に。機械学習をベースとするデータ分析の本がいくつもランクインする中、本書はコンペティションプラットフォームであるKaggleで勝つために必要な、あまり解説書に載らない手法が解説されている。

Pythonではじめる機械学習

 2017年5月発売の『Pythonではじめる機械学習』(オライリージャパン)が引き続き31位に。機械学習ライブラリのscikit-learnを用いた開発手法を解説した本書を筆頭に、『ゼロから作るDeep Learning』などPythonによる機械学習のノウハウを解説する本が多数ランクインしている。

独学プログラマー Python言語の基本から仕事のやり方まで

独学プログラマー Python言語の基本から仕事のやり方まで』(日経BP)も2018年2月発売ながら18位とロングセラー。本書は独学でPythonを学び始められる入門書だが、やはりデータ分析や機械学習が得意だからこそPythonに注目が集まっていると言えるだろう。

 1位から50位までの一覧は次ページに掲載。IT開発関連の本には色をつけて強調している。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 渡部 拓也(ワタナベ タクヤ)

     翔泳社マーケティング課。MarkeZine、CodeZine、EnterpriseZine、Biz/Zine、ほかにて翔泳社の本の紹介記事や著者インタビュー、たまにそれ以外も執筆しています。

バックナンバー

連載:Amazonランキング
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5