SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

InterSystems IRISでシンプルに開発するIoTアプリケーション(PR)

データプラットフォーム「IRIS」からMQTTプロトコルを利用してみる

InterSystems IRISでシンプルに開発するIoTアプリケーション 第3回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロダクションの作成

 プロダクションとは、IRISのインターオペラビリティ機能の実行環境です。プロダクションにはインターオペラビリティ機能を実現するためのコンポーネントが含まれ、プロダクションを起動することによって、各コンポーネントに対しOSの常駐プロセスが割り当てられます。

 プロダクションに含まれるコンポーネントには以下のような種類があります。

  • ビジネス・サービス:外部システムからデータを受け取るなどのイベントを検知し、一連のインターオペラビリティ機能を開始させるコンポーネントです。例えば、MQTT Brokerからデータが送られてくる場合、ビジネス・サービスがそのデータを受信し、他のコンポーネントへのメッセージを生成します。また、RDBMSに一定間隔でSELECT文を発行したり、特定のディレクトリにファイルが置かれることをポーリングしたりする機能も持ちます。
  • ビジネス・プロセス:ビジネス・サービスなどプロダクション内の他のコンポーネントからメッセージを受け取り、定義されたビジネスロジックを実行するコンポーネントです。ビジネスロジックの定義には、BPL(Business Process Language)を用います。IRISには、BPLをグラフィカルに編集する機能があります。
  • ビジネス・オペレーション:プロダクション内の他のコンポーネントからメッセージを受け取り、1つの機能を実行します。例えば、IRIS内部のデータベースにアクセスしたり、外部システムにデータを送信したりするなどの機能を実行します。

 では、今回のアプリケーションを実現するためのプロダクションを作成してみましょう。管理ポータル上部の[ホーム]をクリックしホーム画面に戻り、[Interoperability]→[構成]→[プロダクション]をクリックしてください(次図)。

プロダクションメニュー
プロダクションメニュー

 そうするとプロダクション構成画面が表示されるので、次の図のように[新規]ボタンをクリックします。

プロダクション新規作成
プロダクション新規作成

 ダイアログが表示されたら、パッケージ:「DriveDemo」、プロダクション名:「Production」を入力し[OK]を押します(次図)。

プロダクション名入力
プロダクション名入力

 これで、プロダクションが新しく作成されました。なお、プロダクションはIRISでクラスとして定義され、先ほど入力したDriveDemo.Productionがクラス名になります。

次のページ
Javaゲートウェイ

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
InterSystems IRISでシンプルに開発するIoTアプリケーション連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

堀田 稔(インターシステムズジャパン)(ホリタ ミノル)

SEマネージャー。1992年大阪大学基礎工学部情報工学科卒。同年日本ディジタルイクイップメント(株)入社。電気通信など様々な業界向けプロジェクトにシステムエンジニアとして携わる。1996年InterSystems Data Platform製品の日本語版開発プロジェクトに従事し、同製品の販売・サポー...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/11836 2019/12/06 12:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング