CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Visual Studio CodeのJavaアップデート2021年6月版が発表、リモート開発用の開発コンテナが利用可能に

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/07/13 09:00

 米Microsoftは、コードエディタ「Visual Studio Code」のJava向け2021年5月版アップデートおよび今後のロードマップについて、7月8日(現地時間)に発表している。

 Visual Studio CodeのJava向け機能としては、6月にワークスペースを信頼するかどうかを選択可能となり、ワークスペースを信頼しない場合はすべてのJavaツールが制限付きモードとして動作するようになった。

 また、Java 16で有効になったリモート開発用の開発コンテナを利用できるようになっている。

 Visual Studio CodeにおけるJava関連機能の開発チームは、今後7~12月にかけてコード補完やナビゲーションの改善、パッケージのインポート、コンパイル、デバッグ、テストなどを含む、基本的な内部ループ開発エクスペリエンスに取り組んでいく。さらに、Gradleサポートの追加や、既存Mavenツールのエクスペリエンス改善、新たなテストAPIの採用、仮想スレッドに関する調査なども予定している。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5