CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

JavaScriptフレームワークSvelte、2022年1月の新機能を発表

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022/01/14 08:00

 Webアプリケーション形式のJavaScriptフレームワークであるSvelteの開発チームは、2022年1月の新機能を1月1日(現地時間)に発表した。

 SvelteKitでは、アセットとページのBrotli圧縮を簡単に行えるprecompressオプションが@sveltejs/adapter-staticに追加されたほか、同時実行モードにおいてページが並行してプリレンダリングされるようになっている。また、ページのパフォーマンスを向上させるべく、CSSがJavaScriptの前に自動的に含まれるようになり、Service Worker登録を無効にして、独自のカスタム登録を可能にする構成オプションの追加などが行われた。

 ほかにも、「Svelte 3.44.3」がリリースされ、バインディングとループコードにおけるいくつかのバグが修正されるとともに、Svelte Language Toolsにおける「Svelte 3.41」からのthen/catchショートハンドと、TypeScriptのgoto機能がサポートされている。また、Svelte REPLでは、保存されたREPLを削除できるようになった。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5