CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

離散した点を補間してグラフを描画する方法

Lagrange、Newton、Splineなどの各種補間方式の実装

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2005/09/16 12:00

実験結果をグラフに表示する時、測定点をプロットしてから、その間を自在定規などで結んだ経験があると思います。本稿では、これを自動的に行うプログラムを紹介します。このような作業は「補間」(Interpolation)と呼ばれ、色々な方式があります。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

修正履歴

  • 2008/03/16 10:55 参考資料をVisual C++ 2005 Express Edition版に変更

バックナンバー

連載:Javaで学ぶグラフィックス処理

もっと読む

著者プロフィール

  • 石立 喬(イシダテ タカシ)

    1955年東京工大卒。同年、NECへ入社し、NEC初のコンピュータの開発に参画。磁気メモリ、半導体メモリの開発、LSI設計などを経て、1989年帝京大学理工学部教授。情報、通信、電子関係の教育を担当。2002年定年により退職し現在に至る。2000年より、Webサイト「Visual C++の勉強部屋」...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5