CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

.NETで文書をPDF化するアプリケーションを作る

PowerTools PDF for .NETのC1PdfDocumentコンポーネントで文書をPDF化する

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/10/11 14:00

PowerTools PDF for .NETのC1PdfDocumentコンポーネントは、データをPDF化する機能を1つに集約したコンポーネントで、メソッドとプロパティの操作だけでテキストをPDF化することができます。今回はこのコンポーネントを使って、プログラム実行時に入力したデータをPDF化するアプリケーションを作ってみました。

目次

はじめに

 最近では、「文書を作成しPDFで公開する」ということも身近なことになってきています。しかし、自分のプログラムで作成したデータをPDFファイルにするには、「データを一度ファイルに保存し、PDF化するソフトを使って変換する」という2段階の処理が必要になり、手間がかかってしまいます。

 PowerTools PDF for .NETのC1PdfDocumentコンポーネントは、データをPDF化する機能を1つに集約したコンポーネントです。メソッドとプロパティの操作だけでテキストをPDF化してくれます。もちろん、画像やグラフィックスを持ったリッチテキストもPDF化することができます。

 そこで、今回はこのC1PdfDocumentコンポーネントを使って、プログラム実行時に入力したデータをPDF化するアプリケーションを作ってみました。

TextBoxに入力した文章をPDF化する
TextBoxに入力した文章をPDF化する
1ページに収まるかどうかを判断し、収まらない場合は自動的にページを追加し作成する
1ページに収まるかどうかを判断し、収まらない場合は自動的にページを追加し作成する

対象読者

 Visual Basic 2005またはVisual C# 2005を使ってプログラムを作ったことのある人。

必要な環境

 Visual Basic 2005またはVisual C# 2005、Visual Studio 2005でプログラムが作れる環境。

プログラム実行時の注意事項

 本稿の実行ファイル(バイナリファイル)を動かすには、zipファイルに同梱してある以下の2つのファイルが必要になります。

  • C1.C1Pdf.2.dll…C1Pdf コントロール(.NET Framework 2.0 用)

 これらのファイルを、実行プログラムと同じフォルダに格納します。また、.NET Framework 2.0から追加されたクラスやメンバを使用しているので、.NET Framework 2.0がインストールされていることが必須条件です。

 また、作成したPDFドキュメントを表示するために、Adobe Readerを使用しますので、使用しているコンピュータにインストールしておいてください。

コンポーネントのインストール

 はじめてPowerTools True WinReports for .NETおよびPowerTools Preview for .NETを使用する方は、プロジェクトにComponentOne Studio 2007 WinForms Editionをインストールする必要があります。

 インストーラは、グレープシティのWebページからダウンロードできますので、ここからダウンロードしてインストールしてください。製品ページ左側の[ダウンロード]-[トライアル版]をクリックし、ダウンロード方法([FTP]または[HTTP])を選択すれば入手できます。ファイルはLZH形式で圧縮されています。

 有償のコンポーネントですが、プロダクトキーを入力せずにインストールすることで、トライアル版として使用できます。制限事項などの詳細については、インストーラに同梱されているリリースノートを参照ください。

コントロールの追加

 ComponentOne Studio 2007 WinForms Editionをインストールしたら、ツールボックスに専用のタブを作成し、PowerTools PDF for .NET を追加します。追加するコンポーネントは、「.NET Frameworkコンポーネント」の「名前空間」が「C1.C1Pdf」で始まる名前空間のコンポーネント「C1PdfDocument」です。

「名前空間」が「C1.C1Pdf」で始まる名前空間のコンポーネント「C1PdfDocument」を選択する
「名前空間」が「C1.C1Pdf」で始まる名前空間のコンポーネント「C1PdfDocument」を選択する
※注意
 Visual Studio .NET 2002/2003用コンポーネントとVisual Studio 2005用コンポーネントは、名称や名前空間がほとんど同じですが、Visual Studio .NET 2002/2003用コンポーネントを Visual Studio 2005環境で使うことはできないので注意してください。
 Visual Studio 2005用コンポーネントは、アセンブリ名が「C1.C1Pdf.2 」と末尾に「.2」が付いています。必ずアセンブリ名を確認し、コンポーネントを選択してください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:ComponentZine(ComponentOne)

もっと読む

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5