CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Curlで構築する長崎県電子県庁システム(ポータル・スケジューラー)
UIの向上と帳票

第2回

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Curlは、ドラッグ&ドロップといった操作性を向上させる機能を簡単に実装できます。また、アプレットに特権を与えることによって、ローカルにあるファイルの読み書きすることもできます。Win32APIを直接呼ぶことも可能です。

目次

はじめに

 Curlは、ドラッグ&ドロップといった操作性を向上させる機能を簡単に実装できます。また、アプレットに特権を与えることによって、ローカルにあるファイルの読み書きすることもできます。Win32APIを直接呼ぶことも可能です。

 ポータル・スケジューラーでは、このような特徴を使って操作性が良くなるようにしています。今回は、開発するにあたり工夫した点を紹介します。

ドラッグ&ドロップ

 ドラッグ&ドロップの実装は簡単に行えます。イベントは、

  • DragEnter(ターゲットに入ったときに発生)
  • DragLeave(ターゲットの外に出たとき発生)
  • DragOver(ターゲットにドラッグされたときに発生)
  • Drop(ターゲットにドロップされたときに発生)

 があります。

ドラッグ&ドロップのサンプル
ドラッグ&ドロップのサンプル
{HBox spacing = 100pt, valign = "center",
  {EllipseGraphic width = 1cm, height = 1cm, dragee = {ImageDragee}},
  {Frame width = 40pt, height = 40pt, background = "red",
    {on e:DragOver do 
      {e.will-accept-drop?
        {proc {type:Type, x:Distance, y:Distance, effect:#DragEffect}:DragEffect
          {return drag-effect-copy}
        }
      }
    },
    {on e:Drop do
      {e.accept-drop
        {proc {a:any, x:Distance, y:Distance, effect:#DragEffect}:DropResult
          {return
            {DropResultCopy
              action = {proc {}:void
                         {popup-message "ドロップされた"}
                       }
            }
          }
        }
      }
    }
  }
}

 このドラッグ&ドロップ機能を活用して、以下のような機能を実装しています。

予定のドラッグ&ドロップ

 予定をドラッグ&ドロップすることでコピー・移動が簡単に行えるようにしました。

予定をドラッグ&ドロップ
予定をドラッグ&ドロップ

エクスプローラからのドロップ

 ランチャには、アプリケーション・ファイル・フォルダのショートカットを登録できます。登録する際には、デスクトップ・エクスプローラからのドロップからも行えるようにしました。

デスクトップ・エクスプローラからの登録
デスクトップ・エクスプローラからの登録

ファイルをダウンロードして開く

 ファイル集や予定には、ファイルを添付できます。添付したファイルは、サーバにそのまま保存しています。画面上ではアイコンで表示され、ダブルクリックするとサーバからローカルにダウンロードし、関連付いたアプリケーションで実行されます。例えば、*.xlsの場合はExcelが起動することになります。

 ファイルを関連付けされているアプリケーションで開くのは、Win32APIのShellExecuteを使って実現しました。

添付されたファイルをアイコンで表示
添付されたファイルをアイコンで表示
ShellExecuteでファイルを開く
{define-dll-class public Win32API_ShellExecute
  {defaults
    calling-convention = stdcall,
    string-rep         = CStringUTF16
  }

  let public constant HIDE: int            = 0
  let public constant SHOWNORMAL: int      = 1
  let public constant NORMAL: int          = 1
  let public constant SHOWMINIMIZED: int   = 2
  let public constant SHOWMAXIMIZED: int   = 3
  let public constant MAXIMIZE: int        = 3
  let public constant SHOWNOACTIVATE: int  = 4
  let public constant SHOW: int            = 5
  let public constant MINIMIZE: int        = 6
  let public constant SHOWMINNOACTIVE: int = 7
  let public constant SHOWNA: int          = 8
  let public constant RESTORE: int         = 9
  let public constant SHOWDEFAULT: int     = 10
  let public constant MAX: int             = 10

  {constructor public {default}
    {construct-super
      {SharedLibrary "shell32"}
    }
  }

  {dll-method public {executeA ("ShellExecuteA")
                       hwnd: CPointer,
                       op: StringInterface (rep = CString),
                       file: StringInterface (rep = CString),
                       params: StringInterface (rep = CString),
                       dir: StringInterface (rep = CString),
                       cmd: int
                     }: int
  }

  {dll-method public {execute ("ShellExecuteW")
                       hwnd: CPointer,
                       op: StringInterface,
                       file: StringInterface,
                       params: StringInterface,
                       dir: StringInterface,
                       cmd: int
                     }: int
    {if-missing
      {return
        {self.executeA hwnd, op, file, params, dir, cmd}
      }
    }
  }

}

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 株式会社ドゥアイネット 前田慎治(マエダシンジ)

    株式会社ドゥアイネットに勤務するプログラマーです。制御系から事務系まで 様々な開発を経験し、現在はCurlやOpenLaszloを使ってRIAの開発を担当してい ます。 OpenLaszloで開発した「スマートスケジューラー」 http://www.dinss.jp/

バックナンバー

連載:Curlで構築する長崎電子県庁システム(ポータル・スケジューラー編)
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5