Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

3Dアニメーションで画像を表示する
WPFアプリケーション/Webページの作成

NetAdvantage for WPFのxamCarouselPanelコントロールを使ったWPFアプリケーションの作成

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/12/16 17:25

 NetAdvantage for WPFのxamCarouselPanelコントロールは、複数の静止画像をスクロールして表示できるコントロールです。画面に表示されるナビゲーションボタンを押すと、画像がアニメーションでスクロールし、次々と表示されていきます。この視覚効果は、見る人の興味を引く高い効果を生み出します。

目次
ナビゲーションボタンを押すと、画像がアニメーションでスクロールする
ナビゲーションボタンを押すと、画像がアニメーションでスクロールする
Webページでも同じような動作をする
Webページでも同じような動作をする

はじめに

 NetAdvantage for WPFのxamCarouselPanelコントロールは、複数の静止画像をスクロールして表示できるコントロールです。画面に表示されているナビゲーションボタンを押すと、画像がアニメーションでスクロールし、次々と表示されていきます。この視覚効果は、見る人の興味を引く高い効果を生み出します。

 そこで、このNetAdvantage for WPFのxamCarouselPanelコントロールを使って、花の写真を表示するWPFのデスクトップアプリケーション/Webアプリケーションを作成します。

 なお、xamCarouselPanelコントロールは、Visual Basic、Visual C#、XAMLの3種類の言語を使ってプログラミングすることが可能になっていますが、今回はデスクトップアプリケーションをVisual Basicで、WebアプリケーションをVisual C#のプロジェクトで、コードはどちらもXAMLを使って記述していきます。

 本記事は、WPF(Windows Presentation Foundation)およびXAMLに対する基礎的な知識についての解説は省略しています。これらに対する知識をお持ちでない方は、事前に情報を把握しておくことをお勧めします。

対象読者

 Visual Basic 2008、Visual C# 2008、XAMLを使ってプログラムを作ったことのある人。

必要な環境

 Visual Basic 2008、またはVisual C# 2008でプログラムが作れる環境。特に、WPFのデスクトップアプリケーション/Webアプリケーションが作れる環境が必要なので、Visual Basic 2008、Visual C# 2008のExpress Editionは利用できません。

 なお、本プログラムはWindows Vista上で動作するVisual Studio 2008を使用して作成し、Windows Vistaにて動作確認を行っています。

プログラム実行時の注意事項

1. Windowsアプリケーションの場合

 アプリケーションを正常に動作させるためには、次のファイルを実行ファイルと同じフォルダにインストールする必要があります。

  • Infragistics3.Wpf.v8.1.dll

     Infragistics アセンブリによって使用される機能を含む Infragistics Windows Presentation Foundation Assembly。

  • Infragistics3.Wpf.Editors.v8.1.dll
    Infragistics3.Wpf.Editors.v8.1.resources.dll

     xamEditor コントロールを含む NetAdvantage for Windows Presentation Foundation Assembly。

 これらのファイルを、プログラムを実行するBinフォルダに格納します。

 また、サンプルファイル(デスクトップアプリの実行ファイル)に同梱してある、画像ファイルを格納したフォルダ「images」をCドライブにコピーしてください。これは、実行プログラムが「c:\images」というファイルパスで画像を読み込みに行くためです。このファイルパス以外に画像ファイルを置くと、画像は表示されませんの注意してください。

2. Webアプリケーションの場合

 サンプルファイル(Webアプリの実行ファイル)をダウンロードして解凍します。解凍後のファイルは、フォルダ構成を変えないでください。そのまま、フォルダ内の「WpfribbonBrowser.xbap」ファイルをマウスでダブルクリックします。Webブラウザが起動し、Webアプリケーションが表示されます(NetAdvantageのアセンブリが必要となるので、後述のお試し版をインストールしておいてください)。

 必ず、インターネットに接続した状態でプログラムを実行してください。

 なお、 いずれの場合も.NET Framework 3.0から追加されたクラスやメンバを使用しているので、.NET Framework 3.0がインストールされていることが必須条件です。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:Infragistics NetAdvantageチュートリアル

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5