CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

初めてのCatalyst入門(2)
Catalystアプリはどのように作るのか?

Catalystでの処理の流れ、主要なコンポーネントを解説

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/09/25 14:00
目次

Catalystの仕組み

 Catalystそれ自体は非常にシンプルなフレームワークで、さまざまな処理は他のモジュールを使用することを前提にしています。

 まず最初にCatalystのモジュールと、アプリケーションのモジュールがどのように連携して処理を実行していくかを見ていきましょう。

処理の流れ

 WebブラウザなどのクライアントからリクエストがCatalystに送信されると、次のようなモジュールやコンポーネントを経由してクライアントにレスポンスが返ります。

図1:Catalystアプリケーションの処理の流れ
図1:Catalystアプリケーションの処理の流れ

 それでは、処理の流れを見ていきましょう。

(1)リクエスト

 Webブラウザなどのクライアントから送信されたリクエストを受けつけます。リクエストを受けつけるのは、Catalyst::Engineを継承したモジュールで、次のようなモジュールがあります。

主なCatalyst::Engineモジュール
モジュール名 概要
Catalyst::Engine::HTTP 組み込みサーバで使用される簡易HTTPサーバ用エンジン
Catalyst::Engine::CGI CGI用エンジン
Catalyst::Engine::FastCGI FastCGI用エンジン
Catalyst::Engine::Apache::MP13 Apache1.xで動作するmod_perl 1.3x用エンジン
Catalyst::Engine::Apache2::MP19 Apache2.xで動作するmod_perl 1.99x用エンジン
Catalyst::Engine::Apache2::MP20 Apache2.xで動作するmod_perl 2.x用エンジン
(2)ディスパッチ

 ディスパッチでは、要求されたURLにどのアクションが対応するかを解決し、そのアクションへ処理を振り分けます。

 アクションとは、コントローラに定義される特別なアトリビュートを付加したメソッド(サブルーチン)です。アクションには、URLのパス部分と関連づけられるものと、直接URLに割り当てられず、他のアクションからのみ呼び出されるプライベートアクションの大きく2つに分けられます。

 Catalyst::Engineはアプリケーション(実体はCatalystモジュール)で管理されており、リクエストを受信すると、CatalystモジュールによってコンテキストやCatalyst::Request(リクエストデータを管理するモジュール)、 Catalyst::Response(レスポンスデータを管理するモジュール)などを作成し、アクションを実行します。

 Catalystにおけるコントローラは、「Catalyst::Controller」から継承されるコンポーネントで、パラメータチェック、アクションへのディスパッチ、フロー管理などリクエスト全般にわたる処理を担当します。

(3)データ操作

 ディスパッチされたアクションから、必要に応じてRDBMSなどのデータを管理する処理を実装したモデルを介して、データの取得/登録などを行います。

 Catalystにおけるモデルは「Catalyst::Model」から継承されるコンポーネントで、データの取得や変更などを担当します。主なモデルモジュールには次のものがあります。

主なモデルモジュール
モデルモジュール名 概要
Catalyst::Model::DBIC::Schema DBIx::Class::Schemaを使用したモデル
Catalyst::Model::Xapian 検索エンジンライブラリXapian用モデル
Catalyst::Model::LDAP LDAP用モデル
Catalyst::Model::CDBI Class::DBIを使用したモデル
(4)他アクション実行

 1回のリクエストについて、複数のアクションを実行することも可能です。その場合には「forward」メソッドで次に実行するアクションを指定します。

 Catalystには、いくつかの組み込みプライベートアクションも用意されており、例えば「default」アクションでは、マッチするアクションがない場合に実行されます。

 アクションについては、次回で説明していく予定です。

(5)レスポンス作成

 多くの場合、Catalyst::Viewを継承したコンポーネントを利用して、ユーザーに返すレスポンスを作成します。ビューにはHTML以外にEmailやPDFなどのデータを作成するものもあり、さまざまな形式のデータにも簡単に対応させることができます。

 Catalystにおけるビューは「Catalyst::View」から継承されるコンポーネントで、ユーザーへのデータ表示などを担当します。主なビューモジュールには次のものがあります。

主なビューモジュール
ビューモジュール名 概要
Catalyst::View::TT Template Toolkitを使用したビュー
Catalyst::View::Mason HTML::Masonを使用したビュー
Catalyst::View::HTML::Template HTML::Templateを使用したビュー
Catalyst::View::JSON JSONフォーマットを生成するビュー
(6)レスポンス

 作成されたレスポンスは、アプリケーションを経由して、Catalyst::Engineからクライアントに返されます。

 Catalyst::ControllerCatalyst::ModelCatalyst::ViewはすべてCatalyst::Componentを継承しています。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:Webアプリケーションフレームワーク「Catalyst」入門

もっと読む

著者プロフィール

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XM...

  • WINGSプロジェクト 花田 善仁(ハナダ ヨシヒト)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5