SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

特集記事

C++Builder XE2 + FireMonkeyで「アハ」なアプリを作ってみる

ドラッグ&ドロップのビジュアル操作で画像処理を行うC++アプリを作成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 C++Builder XE2(およびDelphi XE2)に搭載されたFireMonkeyフレームワークを用いれば、アプリケーションに簡単にアニメーション効果を追加することができます。今回は、このアニメーション効果を利用して、ちょっと面白いアプリケーションを作成してみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

 この記事は、まじめなC++アプリケーション開発の記事ではありますが、まず最初にこのビデオをご覧ください。

 JR中央線の御茶ノ水駅を出ると、神田川上に聖橋という大きな橋がかかっています。ここから秋葉原方面を望むと、川に鉄道、地下鉄など、立体的な風景を楽しむことができます。

 とある休日、この聖橋から撮影した写真を見ていると、どこかが変化していることに気が付きます。

 この写真を表示しているアプリケーションは、C++Builderを使って作成しています。単なるイメージビューワーと思いきや、テレビ番組などでよく見かける「アハ(aha)体験」ができるアプリだったのです。

 「アハ(aha)体験」。ネットで調べてみると「今まで分からなかったことが分かるようになったときの体験」を意味しているようです。今回は、画像の一部がじわじわと変化するアプリケーションをC++言語を使って作成してみようというわけです。

FireMonkeyを使おう

C++Builder XE2で効率的にグラフィック処理

 C++で画像処理。大層なコードが、このあとで待ち構えていると想像されているのではないでしょうか?

 今回使用するツールは、C++Builder XE2です。最初のバージョンが発売されてから今年で15周年だそうで、もはやロングセラーツールなのですが、ユーザーの方に手放せない理由を聞くと、ほとんどの方が「コンポーネントベースの開発」と答えます。

 ポピュラーなC++開発環境としては、Visual C++がありますが、最大の違いは、Visual Basicのようなドラッグ&ドロップ操作でC++アプリケーションが開発できる点です。ただし、フルC++なので、Visual Basicのような制約もありません。

 2012年5月現在の最新バージョンは「XE2」です。このバージョンからは、Windowsに加えてMac OS X向けの開発もできるようになりました。もう一つ大きな機能強化は、FireMonkeyというフレームワークが搭載されたことです。

図1 - C++Builder XE2

 このフレームワークは、CPU/GPUネイティブの高品質グラフィック(2Dだけでなく3Dにも対応しています)を扱えるマルチプラットフォーム対応のコンポーネントフレームワークで、複雑なグラフィック処理を、コンポーネントベースの簡単な操作で実装できます。

 FireMonkeyは、どのエディションのC++Builder XE2にも搭載されています。一番廉価なC++Builder XE2 Starterにも含まれます(Mac OS X向けの開発機能はこのエディションには含まれません)ので、比較的容易にこの最新フレームワークを使ってみることができます。

用意するもの

 では、アプリケーションを作成するにあたり、以下のものを準備しましょう。

  • C++Builder XE2(どのエディションでも構いません)がインストールされている PC
  • 状態が変化する前と後の画像2枚

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
ユーザーインターフェイスを作成する

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
特集記事連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

EDN編集部(イーディーエヌ編集部)

エンバカデロ・デベロッパーネットワーク(EDN)は、ソフトウェア開発者とデータベース技術者のための技術情報サイトです。Delphi、C++Builderをはじめとする開発ツールやER/Studioなどのデータベースツールに関連する技術記事、ビデオなどを提供しています。EDN編集部は、EDN記事と連携...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/6575 2012/05/11 14:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング