Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

告知:Windows Azureポータルの改善

連載:ScottGu's Blog翻訳

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/10/16 17:35

 本稿は、Scott Guthrie氏のブログを、氏の許可を得て、翻訳、転載したものです。米Microsoft社の副社長で、ASP.NETやSilverlightの開発チームを統率する氏のブログでは、次期製品を含む最新の技術をいち早く紹介しています(原典:Announcing: Improvements to the Windows Azure Portal)。

目次

告知:Windows Azureポータルの改善

 今回、Windows Azure管理ポータルに数多くの機能拡張がリリースされました。それらの機能には、以下のようなものがあります。

  • Service Busの管理およびモニター
  • 共同管理者の管理サポート
  • SQLデータベースへのインポート/エクスポート
  • 仮想マシン体験の改善
  • クラウドサービスのステータス通知の改善
  • Media Servicesのモニターサポート
  • ストレージコンテナの作成とアクセス制御サポート

 すべての改善点はすでに本番環境にあり、すぐに利用可能です。以下は、それぞれの詳細になります。

Service Bus管理とモニター

 Windows Azure管理ポータルでは、Service Busの管理およびモニターをサポートするようになりました。

 Service Busは、アプリケーション(またはクラウドとオンプレミス環境)間にあり、スケールと弾力性を改善するため疎結合による通信を可能にした、リッチなメッセージング基盤を提供します。この新しいService Bus体験により、Service Busの名前空間、Queue、Topic、Relay、Subscriptionを作成、管理できるようになりました。Service BusのQueue、Topic、Subscriptionについてはリッチなモニターも可能です。

 Service Busの名前空間を作成するには、 Windows Azureポータルの『SERVICE BUS』タブを選択し、CREATEコマンドを選択するだけです。

 そうすると、『CREATE A NEW NAMESPACE』というダイアログが表示され、Service Busの名前空間に名前を付けて新規作成できます。

 作成されると、ACCESS KEYコマンドにより、その名前空間に関連したセキュリティの資格情報が取得でき、そのサービス名前空間に関連した接続文字列を取得できます。資格情報が必要なアプリケーションには、その値をコピーし、貼り付けます。

 ポータルのドローワーにあるNEW体験によりService BusのQueueおよびTopicの作成も簡単にできます。NEWコマンドをクリックして、『APP SERVICES』カテゴリからService Busエンティティを新規作成するだけです。

 新しいQueueまたはTopicが準備できれば、ポータルで管理できます。名前空間をクリックすると、すべてのQueueおよびTopicが表示されます。

 一覧の項目をクリックすると、Dashboardビューまで掘り下げられ、そのアクティビティやトラフィックがモニターでき、そこでの作業も可能です。例えば、『orders』Queueのビューでは、受信・送信のメッセージフローや、Queue全体の長さやサイズが、以下のように表示されます。

 Pub/SubのSubscriptionをモニターするには、Topic内でADD METRICSコマンドを使って、モニターするSubscriptionを選択します。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト Chica(チカ)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

バックナンバー

連載:Scott Guthrie氏 Blog翻訳

もっと読む

All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5