CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

多彩な表現形式でデータをグリッド表示するASP.NETアプリケーションの作成

C1GridViewコントロールを使った高機能なWebアプリケーションの作成

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/04/18 14:00
目次

実行時に列を操作できるようにする

 データベースのデータをグリッドで表示することはできましたが、「野菜名」の列幅が狭いために、文字列が折り返しになった状態で表示されています。前回の記事では、列のWidthプロパティを使ってデザイン時に列幅を調整しましたが、今回はアプリケーション実行時にユーザーが列幅を変更できるようにします。

 また、合わせてデータのソート機能や列の移動などの機能も追加します。

  アプリケーション実行時にユーザーが列幅を変更できるようにするには、C1GridViewコントロールの「AllowColSizing」プロパティを「True」にします。プロパティの変更はプロパティウィンドウから行います。

 これで、アプリケーション実行時にユーザーが列名の境界線をドラッグして列幅を自由に変更できるようになります。

列名の境界線をドラッグして列幅を自由に変更できる 
列名の境界線をドラッグして

  データを各列の値でソートできるようにするには、C1GridViewコントロールの「AllowSorting」プロパティを「True」にします。プロパティの変更はプロパティウィンドウで行います。

 この機能を有効にすると、ユーザーはアプリケーション実行時に並び替えたい列名をクリックすることで、データをソートできるようになります。

列「都道府県名」をクリックしてデータをソートした
列「都道府県名」をクリックしてデータをソートした

  列を移動して並び替える機能は、「AllowColMoving」プロパティを「True」にします。プロパティの変更は、プロパティウィンドウで行います。

 この機能を有効にすると、ユーザーはアプリケーション実行時に列名をドラッグするだけで、列の並び替えを行うことができます。

列名を移動したい場所にドラッグすると
列名を移動したい場所にドラッグすると
列がその位置に移動する
列がその位置に移動する

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(ComponentOne)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5