Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

5分でわかるActiveReports帳票(2013年度版)-らくらく始める帳票作成

ActiveReports for .NET 7.0Jで作るサンプル帳票

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次

新規アプリケーションの作成 2

レポートデータソースの設定

 次に、ActiveReports帳票が参照するデータソースの設定を行います。今回はサンプルデータとして、ActiveReportsに付属のデータ(Accessデータベース)を使用します。

 レポートデータソースを設定するには、レポートデザイナの「detail」のところにあるデータベース型のアイコンをクリックします。すると設定ダイアログが表示されるので、[作成]ボタンを押してデータベース接続文字列を作成します。今回の接続先はAccessデータベースなので、OLE DBプロバイダとして「Microsoft Jet 4.0 OLE DB Provider」を選択し、接続先データベースとして、ActiveReportsインストール先のDataフォルダ(標準ではC:\Program Files\ActiveReportsNET7\Data)にある「NWind.mdb」を設定します。

 なお、開発PCのOSが64ビット(x64)OSの場合、標準のインストール先は「C:\Program Files (x86)」になります。ご注意ください。また、プロジェクトの「ターゲットCPU」をx86に変更してください(デフォルトのAnyCPUのままだとエラーが発生します)。

データソースアイコン
データソースアイコン

 次に、レポート出力するデータを取得するためのSQLを記述します。今回は「商品ID」「商品名」「仕入先」「在庫数量」を取得する次のようなクエリを設定します。

帳票に出力する項目を取り出すSQL
SELECT Products.ProductID, Products.ProductName,
       Suppliers.CompanyName, Products.UnitsInStock
FROM   Suppliers
INNER JOIN Products ON Suppliers.SupplierID = Products.SupplierID
レポートデータソースに接続文字列とSQLを設定した状態
レポートデータソースに接続文字列とSQLを設定した状態

 接続文字列の設定が終わったら、OKボタンを押してレポートデータソース設定を終わります。

コラム セクションレポートで使用できるデータソース

 ActiveReports for .NETでは多くの種類のデータソースを使用することができます。

 上記の手順で使用されるデータソースは、ActiveReports固有のデータソースです。これはOle DBを使用しており、Accessファイルに接続するためのJetデータプロバイダを呼び出しています。

 固有のデータソースには他に、SQL Serverへ接続するものや、XMLからデータを取得するものがあります。

 固有のデータソースを使うとデザイン時にデータソース設定が完了するので便利ですが、コードで設定することで、.NET Framework標準の以下のオブジェクトをデータソースとして使うことが可能です。

  • DataSet
  • DataTable
  • DataView
  • DataRowCollection
  • IListインターフェースを実装したクラス

 データソースアイコンから直接設定できないデータベースでもDataTableやDataReaderの形で取得すれば、コード上でレポートのデータソースに設定することができます。この他に、特にデータソースを定義せずにコードでレポート上に出力する値を直接制御することも可能です。

コントロールとデータのバインド

 データソースの設定が終わったら、コントロールとデータのバインドを行います。TextBoxコントロールのDataFieldプロパティにフィールドを設定します。

 TextBoxを選択した状態で、プロパティウィンドウのDataFieldプロパティを選択し、コンボボックスを展開するとデータソースに含まれるフィールド(データの列名)が現れます。ここから選択することで、そのフィールドのデータがTextBoxに表示されることになります。

「商品コード」のTextBoxコントロール(TextBox1)の
DataFieldプロパティに、"ProductID"を設定
「商品コード」のTextBoxコントロール(TextBox1)のDataFieldプロパティに、"ProductID"を設定

 DataFieldプロパティの設定がひと通り終わったら、正しく設定されているかどうか確認しましょう。レポートデザイナの[プレビュー]タブを表示すると、データが配置された印刷イメージを確認することができます。

「プレビュー」タブからプレビューが見られる
「プレビュー」タブからプレビューが見られる

呼び出し元アプリケーションの作成

 印刷イメージができたところで、今度は帳票を呼び出すアプリケーションを作成します。

 フォームに[帳票生成]ボタン(button1)と、生成された帳票の内容を確認するためのViewerコントロール(viewer1)を配置します。

フォームにコントロールを配置
フォームにコントロールを配置

帳票の生成処理

 コントロールの配置が終わったら[帳票生成]ボタンをダブルクリックし、実際に帳票を生成してビューワに表示するためのコードを実装します。ActiveReportsでは帳票クラスのインスタンスを作成し、Runメソッドを実行すると帳票が生成されます。

 生成された帳票はDocumentプロパティから参照できるので、これをViewerコントロールのDocumentプロパティに設定します。また、Viewerコントロールの機能を使って、帳票のプレビューや拡大/縮小表示、印刷を行うことができます。

帳票生成コード(C#)
private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
{
    using (ProductList report = new ProductList())
    {
        report.Run();
        this.viewer1.Document = report.Document;
    }
}
帳票生成コード(Visual Basic .NET)
Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, _
                          ByVal e As System.EventArgs) _
                             Handles Button1.Click
    Using report As ProductList = New ProductList()
        report.Run()
        Me.Viewer1.Document = report.Document
    End Using
End Sub

 セクションレポートの基本クラスGrapeCity.ActiveReports.SectionReportは、IDisposableインターフェースを実装しています。帳票クラスの生成時はusingステートメントを利用して、アンマネージドリソースを確実に開放できるようにコードを記述しておくことをおすすめします。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

バックナンバー

連載:5分でわかるActiveReports帳票

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5