Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

デブサミ2018 福岡・関西 セッションレポート

 2018年9月6日に開催された「Developers Summit 2018 FUKUOKA」、9月28日に開催された「Developers Summit 2018 KANSAI」。本ページでは当日の模様をレポートした記事を紹介しています。また、登壇者の方々が公開している資料もまとめています。当日来場された方も来られなかった方も、ぜひご覧ください。

  • 11117_th.png

    新しい未来への一歩はここからはじまる――デブサミ2018関西開催(講演資料まとめ付き)

     9月28日、翔泳社主催のソフトウェア開発者向けカンファレンス「Developers Summit 2018 KANSAI」(以下、デブサミ2018関西)が神戸国際会議場で行われた。今年で8回目の開催となる。開催にあたり13社の企業スポンサー、7団体の開発コミュニティ、6名の実行委員による協力を得た。「開発プロセス」「イノベーション」「エンジニアの生き方」といったトピックスで、計21セッションに渡って講演された。

  • 11068_th.png

    クリエイティブな人材が集い、高め合うことで生まれる、新たな価値――デブサミ2018福岡開催(講演資料まとめ付き)

     9月6日、翔泳社主催のソフトウェア開発者向けカンファレンス「Developers Summit 2018 FUKUOKA」(以下、デブサミ2018福岡)がアクロス福岡で開催された。福岡での開催は今回が4回目となり、11社の企業スポンサーによる協力を得た。今年のテーマは「クリエイティブな人材が集い、高め合うことで生まれる、新たな価値」で、計16セッションにわたり講演が行われた。

  • 11098_th.jpg

    標準化が進むコンテナとサーバーレス! 「提供したい価値」から見極める活用の勘所とは【デブサミ2018 福岡】

     アプリケーションモダナイゼーションにおける2大トレンドといえば、コンテナとサーバーレスだ。コンテナであれば高い可搬性と再利用性、自由度・柔軟性の高さ、標準化が進んでいることなどのメリットがあるものの、抽象度が低く管理範囲が広いというデメリットがある。一方のサーバーレスは使った分だけの課金やインフラ管理の省力化、インスタンスの自動スケールなどのメリットがある反面、自由度や柔軟性の低さ、ベンダーロックインなどのデメリットがある。ではこれらの技術をどのように選択していくと、より良いアプリケーションモ...

  • 11096_th.jpg

    「アジャイル開発はあくまでゴール達成のための手段」――Yahoo!カード天神チームがたどり着いた開発スタイルと技術【デブサミ2018 福岡】

     今年春に開所したヤフーの天神オフィス(福岡市)。同所ではYahoo! JAPANの各サービスを支える基盤システムやプラットフォームの開発を担当している。そのうちの1つ、Yahoo!カードアプリケーションの開発プロジェクトでは、東京チームと天神チームが連携してシステム開発を行っている。Yahoo!カードアプリケーション開発プロジェクトの概要、およびチームの立ち上げ方、アジャイル開発などについて、ヤフー株式会社 コマースカンパニー 決済金融統括本部 山崎勝平氏が解説した。

  • 11095_th.jpg

    リモートでのスクラム・モブプロを成功させる秘訣は? サイボウズの実践事例に学ぶ【デブサミ2018 福岡】

     リモート開発とは、メンバーの一部が離れた場所(別拠点や在宅など)で開発をすることだ。「サイボウズOffice」や「kintone」などの製品を開発・提供するサイボウズ株式会社では、企業として積極的にこの働き方を推進してきた。一般的に、成功の難易度が高いと考えられているリモート開発だが、同社はどんな方法を用いてその運用を行っているのか。エンジニアマネージャーとして組織マネジメントに取り組みつつ、福岡や広島での開発拠点立ち上げを目指して活動している岡田勇樹氏が、その秘訣を語った。

    All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5