Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

「JavaScript」記事一覧

280件中261~280件を表示
  • 845_t.jpg
    2007/01/24

    スタイルシートやレイヤーを操作する

    本連載では、クロスブラウザスクリプトを実現する方法を解説しています。前回は、ブラウザの種類やバージョンを判断し、そのブラウザに最適化したスクリプトを実行する方法を、ディスプレイの表示領域いっぱいにウィンドウを開くサンプルを例に解説しました。今回も引き続き、ブラウザの実装に合わせたJavaScriptを実行する例を紹介していきます。

  • 810_t.gif
    2007/01/10

    Windows Vistaガジェット入門

    本稿では、Windows Vistaから登場したWindows Sidebar上で動作するガジェットを用いて、便利なミニツールなどを開発する方法について解説します。ガジェットはHTMLとJavaScriptを利用するため、従来のWebアプリケーション開発と同じ方法でツールを開発することができます。

  • 739_t.gif
    2006/12/12

    JavaScriptでつくるSchemeインタプリタの基礎の基礎

    本稿ではJavaScriptを用いてSchemeのインタプリタを作成します。もともと関数型に近いJavaScriptを使用するため、比較的簡単にSchemeインタプリタを作成することができます。

  • 703_t.jpg
    2006/11/24

    JavaScriptとFlashによるWebオルゴールの製作

    本稿では、簡単なマクロ(MML)でMIDIファイルを生成する「JavaScriptSakura」を利用したWebオルゴールを作成します。オルゴールの本体は、Flashで作成し、MIDIファイルの作成に、「JavaScriptSakura」を利用しました。また、せっかくのWebオルゴールなので、簡単な掲示板の機能も持たせてみようと思います。

  • 679_t.jpg
    2006/11/09

    Firefox拡張機能の基礎を実例で学ぶ

    Firefoxの拡張機能は数多くありますが、いざ自作しようと思っても、日本語の情報が少なくあきらめてしまった方も多いのではないでしょうか。本記事では、TouchUpWeb拡張機能の一部を題材にして、その仕組みを解説します。扱う機能はシンプルですが、一通りの技術・Tipsを使い、Firefox拡張機能の開発の基礎を押さえた内容となっています。

  • 2006/10/19

    ディスプレイサイズに合わせてブラウザの新しいウィンドウを開く

    JavaScriptを使って、ブラウザの新しいウィンドウを表示可能領域いっぱいに開く場合、ブラウザの種類によって実装方法が異なります。そこで本稿では、具体的な実例を挙げながらクロスブラウザスクリプトの作成方法について解説します。

  • 534_t.gif
    2006/08/31

    不完全なHTMLを動的にタッチアップ

    本稿では、Internet Explorerに特化したコンテンツをFirefoxなど他のブラウザでも正しく閲覧できるようにするための仕組みとして、Greasemonkey拡張機能を利用したコンテンツのタッチアップと、そのためのスクリプトを管理するシステムであるTouchUpWebプロジェクトを紹介します。

  • 2006/07/03

    ブラウザに合わせたスクリプトを実行する

    今回は、JavaScriptを使ってブラウザの種類やバージョンを判断し、実行するスクリプトを変える方法を、実例を挙げながら解説しています。具体的には、ユーザエージェントから使用されているブラウザを判断し、各ブラウザ用のページへ遷移させるスクリプトについて解説します。

  • 406_t.jpg
    2006/06/12

    Photoshopのスクリプト制御

    Photoshopのアクション機能は強力で、デザイナーはこれらを多用していますが、少し複雑なことをさせようとすると、とたんに限界に行き当たるのが現実です。Photoshop 7.0以降では、Scripting plug-inを利用して、プログラムで直接Photoshopを制御できるようになりました。この機能を使えば、アクション機能以上に細かなことができます。本記事ではJavaScriptを使い、Photoshopをスクリプト制御して、ファイルをリサイズして保存する方法を解説します。

  • 370_t.jpg
    2006/04/28

    prototype.jsを使った画像サムネイルの表示ライブラリ

    Webサイトで画像をアップロードする際、従来のようにファイル名を指定する方法だと、ファイルがどんな画像かをあらかじめ把握しておく必要があり、不便です。本稿で紹介するライブラリを利用すると、画像ファイルをアップロードする前に、ブラウザ上で画像のサムネイルを表示させることができます。

  • 2006/03/17

    ユーザエージェントからブラウザの種類やバージョンを判断する

    今回は、JavaScriptを使って、スクリプトが実行されているブラウザの種類やバージョンを判断する方法について解説します。具体的には、ユーザエージェントに関する情報を持っているnavigatorオブジェクトのuserAgentプロパティから、ブラウザに関する情報を探し出します。

  • 340_t.jpg
    2006/03/15

    JavaScriptとCSSによるアドベンチャーゲームの作成

    本稿では、JavaScriptを使ってInternet Explorerで動作するゲームを開発します。より本格的なゲームでは、画面の切り替え時にフェードイン・フェードアウトなどの演出が行われますが、DHTMLではイメージをピクセル単位で編集し、新しいイメージを構築することはできません。そこで、ゲームに必要な高度な演出を実現する方法を解説します。

  • 2006/03/13

    prototype.jsを利用したドラッグできるWebカスタムコントロール

    本稿では、フリーのプロトタイプオブジェクト指向ライブラリであるprototype.jsを利用して、ドラッグが可能なWebカスタムコントロールを作成する方法を紹介します。ドラッグ機能の他に、ブラウザのスクロールに反応して指定した位置に浮遊する機能も付加します。

  • 311_t.jpg
    2006/02/17

    JavaScriptとCSSによるブロック崩しの作成

    本稿では、JavaScriptを使ってInternet Explorerで動作するゲームを開発します。 ゲーム開発に必要な、より自由な描画を行うには、スクリプトからHTMLオブジェクトのスタイル属性にアクセスしなければなりません。本稿では、スタイル属性をスクリプトから制御することで、オブジェクトをより自由にドキュメント上に描画する方法を検討します。

  • 251_t.jpg
    2006/01/12

    JavaScriptとDHTMLによるタイピングゲームの作成

    本稿では、JavaScriptとDHTMLを利用してブラウザ上で動作するゲームを開発します。スクリプトからHTMLドキュメントの内容を書き換える方法を詳しく解説し、最終的にサンプルプログラムとして、シンプルなタイピングゲームを作成します。

  • 2005/12/13

    JavaScriptを使ってクライアントのOSに応じた処理を行う

    今回は、JavaScriptを使って、スクリプトが実行されている端末のOSを判断する方法について解説します。具体的には、ユーザエージェントに関する情報を持っているnavigatorオブジェクトのuserAgentプロパティから、OSに関する情報を探し出します。

  • 2005/12/08

    プロトタイプ(prototype)によるJavaScriptのオブジェクト指向

    このシリーズは、JavaScript(ECMAScript)における概念と言語構造の理解を助けるためのドキュメントです。第3回目の本稿では、JavaScript(ECMAScript)におけるオブジェクトの最重要機構であるプロトタイプについて解説します。

  • 2005/12/02

    JavaScriptの関数とメソッド

    このシリーズは、JavaScript(ECMAScript)における概念と言語構造の理解を助けるためのドキュメントです。第2回目の本稿では、JavaScript(ECMAScript)における関数の基本的な性質について解説します。

  • 2005/12/01

    JavaScriptにおけるオブジェクトの基本的性質

    このシリーズは、JavaScript(ECMAScript)における概念と言語構造の理解を助けるためのドキュメントです。第1回目の本稿では、JavaScript(ECMAScript)におけるオブジェクトの基本的な性質について解説します。

  • 2005/09/09

    ブラウザによるイベントの取り扱いの違いを吸収する

    JavaScriptはブラウザの種類によって、実装方法が異なることがあります。この違いを考慮して同じように動作するようにするテクニックを「クロスブラウザスクリプト」と言います。本稿では、Internet ExplorerとMozilla系ブラウザにおけるイベント処理の違いを吸収する方法を解説します。

280件中261~280件を表示
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5