Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「Glenn Paulley氏 データベース関連ブログ 翻訳記事」連載一覧

16~30件(全41件)
  • 2011/07/06

    DBTEST 2011の感想

     ギリシャのアテネにて、DBTEST 2011が月曜日に開催されました。(原文:Thoughts on DBTEST 2011、2011/06/15投稿)

  • 2011/06/13

    Computing Research Association、2009~2010年Taulbee調査報告書を発表

     5月9日の午後、Computing Research Associationが自身のWebサイトにて、コンピュータサイエンスプログラムに関する2009~2010年Taulbee調査報告書を発表しました。 (原文:Computing Research Association publishes 2009-2010 Taulbee survey、2011/05/09投稿)

  • 2011/06/10

    2011 DBTESTのプログラムが決定

     5月1日、ウォータールー大学とHP LabsのGoetz Graefeから、来たる2011 DBTESTワークショップ(2011 ACM SIGMODカンファレンスの共同開催ワークショップの1つとして2011年6月13日にアテネで開催予定)の公式論文のリストが発表されました。 (原文:DBTEST 2011 program is set、2011/05/02投稿)

  • 2011/06/09

    CFP:第4回データベースシステムテスト国際ワークショップ

     DBTESTワークショップはこれまで2008、2009、2010年と3年連続して開催されてきました。今年は、6月13日にギリシャのアテネで開催されます。この記事では、今回のDBTESTワークショップのトピックを紹介します。 (原文:CFP: 4th International Workshop on Testing Database Systems、2011/01/04投稿)

  • 2011/06/08

    WITH RESULT SET構文について

     2003年11月にリリースされたSQL Anywhere 9.0.1のEBF(ビルド1699)で初めて導入された、WITH RESULT SET構文を紹介します。この構文はストアドプロシージャが出力パラメータを持つ場合に生じる、ある特定の問題を回避するために開発されました。 (原文:Using WITH RESULT SET syntax、2010/12/15投稿)

  • 2011/06/07

    NHibernate 3.0.0 アルファ版がリリースに

     既にご存じの方も多いかと思いますが、NHibernate 3.0.0(アルファ版)が7月下旬に発表されました。この新リリース用のバイナリコードとソースコードはsourceforge.netからダウンロードできます。NHibernate 3.0.0は、LINQをサポートし、いくつかの追加機能を含んでいます。 (原文:NHibernate 3.0.0 alpha is released、2010/08/12投稿)

  • title.gif
    2011/06/06

    無限を考えるとめまいがする

     最近、特にクラウドコンピューティングの文脈において、「無限のスケーラビリティ」という言葉をやたらに見かけるようになりました。私がこの言葉を問題にするのは、それが中身のない技術用語だからです。マーケティング担当者が「無限のスケーラビリティ」を主張するとき、その言わんとすることは何でしょうか。 (原文:Infinity gives me vertigo、2010/07/29投稿)

  • 2011/06/03

    第2回のOntario Women in Computing会議はトロントで開催

     昨年10月にキングストンのクイーンズ大学で開催されたOntario Women in Computer Science会議の大成功を受けて、トロント大学は第2回のOntario Celebration of Women in Computing会議を2011年10月21日と22日の2日間、トロント大学教職員クラブで開催することを発表しました。 (原文:Toronto hosts second Ontario Women in Computing Conference、2011/04/21...

  • 2011/06/02

    Frank Wm. Tompa、ACM特別研究員に

     Frank Tompaが2010年のACM特別研究員に選出されたそうです。Frankは素晴らしい博士課程指導教官で、2005年にウォータールー大学から大学院生指導者賞(2005年)を受賞しています。この場を借りてFrankにお祝いの言葉を贈ろうと思います。 (原文:Frank Wm. Tompa an ACM Fellow、2011/01/07投稿)

  • 2011/04/01

    参加者募集:SMDB 2011

     IEEE自己管理型データベースシステム・データエンジニアリングワークグループ主催の「第6回 自己管理型データベースシステム国際ワークショップ」が、2011年4月11日に開催されます。今回は、Rob Woolenによる基調講演に続いて、6つの技術論文が発表されます。また、「DaaSにおける自己管理性」をテーマに、大学・企業の専門家が参加するパネルディスカッションも行われます。 (原文:Call for Participation: SMDB 2011、2011/03/28投稿)

  • 2011/04/01

    DBTEST 2011の論文提出期限迫る

     「データベースシステムテスト年次ワークショップ(DBTEST)」は、大学・企業の研究者がデータベースシステムソフトウェアの開発、ベンチマーク、テストの難しさや課題などについて意見交換をするため、定期的に開催されています。DBTESTでは、広義のデータベース管理システムのテスト・測定に関する原著論文や、テストやチューニングの実例、実践報告、展望についての論文を募集しています。 (原文:DBTEST 2010 paper submission deadline is approaching、...

  • title.gif
    2011/03/04

    SQL Anywhere 12のマテリアライズドビューサポートの向上について

     SQL Anywhereのバージョン12は、より幅広いクラスのマテリアライズドビューをサポートしています。このテーマについては、私の同僚であるAnil Goelが8月のSybase Techwaveカンファレンスで講演を行う予定です。本記事は、その講演のごく簡単な序説だと思ってください。 (原文:Improvements to materialized view support in SQL Anywhere 12、2010/07/26投稿)

  • 2011/03/03

    Techwave 2010でのSQL Anywhere講演予定

     2010 Sybase Techwaveユーザーカンファレンスが8月9日から11日までの間、ワシントンDCのヒルトンワシントンホテルで開催されます。本カンファレンスでは、SQL Anywhere、特に最新のリリースであるSQL Anywhere 12に焦点を合わせたさまざまな価値ある講演を行う予定です。予定される講演をここで紹介します。 (原文:SQL Anywhere talks at Techwave 2010、2010/07/15投稿)

  • 2011/03/02

    ユビキタスなDBMSとしてのSQL Anywhere

     2009年12月のACM SIGMOD Recordで、Kyu-Young Whang他がユビキタスなデータベースという概念に合致する研究用プロトタイプや市販用のDBMS製品を調査しています。本記事ではUDBMSの必要条件を分析し、それに対するSQL AnywhereサーバーおよびUltraLite DBMSのサポート状況について説明します。 (原文:SQL Anywhere as a ubiquitous DBMS、2010/07/10投稿)

  • 2011/03/01

    DBTEST 2010でのプレゼンテーションがオンラインで閲覧可能に

     先日、私とともに2010 DBTESTワークショップの共同議長を務めるデューク大学のShivnath Babu氏が、ワークショップで行われたプレゼンテーションの大半をアップロードしてくれました。 (原文:DBTEST 2010 presentations are now online、2010/07/07投稿)

16~30件(全41件)
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5