Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Frank Wm. Tompa、ACM特別研究員に

原文: Frank Wm. Tompa an ACM Fellow

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/06/02 14:00

 Frank Tompaが2010年のACM特別研究員に選出されたそうです。Frankは素晴らしい博士課程指導教官で、2005年にウォータールー大学から大学院生指導者賞(2005年)を受賞しています。この場を借りてFrankにお祝いの言葉を贈ろうと思います。 (原文:Frank Wm. Tompa an ACM Fellow、2011/01/07投稿)

 本稿はデータベースソフトウェア「SQL Anywhere」およびデータベース全般に関する英語ドキュメントを翻訳する形で提供しています。図など、部分的に英語のままになっていますが、製品のSQL Anywhere自体は完全に日本語化されていますのでご安心ください。

 昨年11月初旬のIBMトロントCAS会議で個人的に知ったのですが、Frank Tompaが2010年のACM特別研究員に選出されたそうです。ACMはこのところ受賞者を公表しているので、この場を借りてFrankにお祝いの言葉を贈ろうと思います。受賞理由は、

 テキスト中心の半構造化データの管理に功績があったため。

 とのことです。

 その他にも、私が知っている2人のデータベース研究者が今年選出されました。その2人とは、カーネギーメロン大学のChristos Faloutsosとチューリッヒ工科大学のDonald Kossmannです。

 ACM会長であるAlain Chesnaisの受賞者発表の言葉の一部を以下に示します。

 受賞者の方々はテクノロジを進歩させ、コンピュータ社会に貢献しました。これらの進歩および貢献は、21世紀の変動する需要を満たすものです。問題を注意深く考え、創造的に解決する彼らの能力は、国際規模での飛躍的な進歩を可能にします。今年の特別研究員の選出結果には、社会全体の生活の質を向上させる、コンピュータ技術の最高の成果が国際的に広まったことが反映されています。

 私個人から見ても、Frankは素晴らしい博士課程指導教官で、2005年にウォータールー大学から大学院生指導者賞(2005年)を受けたのも当然だと思います。

 心からおめでとう、Frank!



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • Glenn Paulley(Glenn Paulley)

    カナダ オンタリオ州 ウォータールー R&DセンターにてSQL Anywhere 開発における Director of Engineering としてクエリ・オプティマイザなどの開発をリードしている。 ・IvanAnywhere

バックナンバー

連載:Glenn Paulley氏 データベース関連ブログ 翻訳記事

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5