Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

jMakiでリッチなGUIを作ろう!

EclipseのプラグインとしてjMakiを利用する

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/10/29 14:00

手軽にAJAXを利用できるフレームワーク「jMaki」がようやく正式リリースされました。Eclipseのプラグインとしても利用できるjMakiを使って、リッチなGUIを持つWebアプリケーションを作成してみましょう。

目次

はじめに

 Javaを利用してAJAXアプリケーションを開発するためのフレームワークがいくつか登場していますが、jMakiは最も手軽にAJAXを利用できるものでしょう。今回は、jMakiと併せてリリースされているEclipse用プラグインを使い、実際にjMakiを使ってAJAXアプリケーションを作成する手順を説明します。作業を通じて、jMakiがどのような働きをするものなのか、体感してみてください。

対象読者

  • AJAXに興味があるJava開発者。
  • JavaScriptのコーディングだけは死んでもしたくない、という人。
  • WebアプリケーションのGUIをもっとリッチにしたい人。

JavaによるAJAX開発とは?

 今や「AJAX」は、Webアプリケーション開発になくてはならない技術といってよいでしょう。JSP/サーブレットなどで開発を行う者にとっても、AJAXは無視できなくなっています。が、だからといって即AJAX導入! とはなかなかいかないのが現実でしょう。

 AJAXは、JavaScriptを利用した非同期通信を中心とした技術です。従って、導入するにはどうしてもJavaScriptのコーディングを行わなければいけません。prototype.jsのようなライブラリも少しずつ増えてはいますが、やはり「JavaScript」という慣れない土俵の上で勝負しなければならないことになります。開発やデバッグ環境も今一つだし、Webブラウザの種類やバージョンによって動作が変わったりするし、「JavaScriptだけはやりたくないな」と内心思っている人も多いことでしょう。

 こうしたJavaプログラマのために、「JavaでAJAX開発を行う」ライブラリやフレームワークも登場してきました。「AJAXはJavaScriptで非同期通信を行わないといけないんだから、Javaだけじゃ作れないのでは?」と思われるかもしれません。確かにそのとおり。

 これらのフレームワークが行っているのは、「Javaのコード内からJavaScriptのスクリプトを生成して出力する」という作業なのです。要するに、Javaでコーディングした内容をJavaScriptのコードにコンパイルするわけです。従って、生成物は、JavaScriptバリバリのWebアプリケーションとなります。しかし、開発はすべてJavaだけで行えるのです。このようなアプローチであれば、JavaプログラマにもAJAX開発が行えますね。

jMakiとは?

 今回紹介する「jMaki」は、java.netで進められているプロジェクトの一つです。これは、Java、Ruby、PHPといった言語でAJAXアプリケーションを開発するためのフレームワークで、2007年9月25日にようやく正式版である1.0がリリースされたという、できたてほやほやのフレームワークです。

 jMakiは、java.netの「Project jMaki」のページで公開されています。ここからファイルをダウンロードし、誰でも無料で利用することができます。

jMakiのサイト。Downloadのイメージをクリックしてダウンロードページに移動する。
jMakiのサイト。Downloadのイメージをクリックしてダウンロードページに移動する。

 このページの「Download」と書かれたイメージをクリックすると、ダウンロードのページに移動します。ここから「Releases」にあるリンク(java-jmaki-java-1.0.zip)をクリックしてファイルをダウンロードします。

ダウンロードページの「Releases」からリリースされているバージョンをダウンロードできる。
ダウンロードページの「Releases」からリリースされているバージョンをダウンロードできる。

 ダウンロードしたファイルを展開すると、多数のライブラリやJavaScriptファイルが収められており、「どうやって使うんだ?」と途方にくれるかも知れません。ここから必要なファイルだけを、作成しているWebアプリケーションにコピーして使うこともできますが、正直、面倒でしょう。

 jMakiを実際に利用するには、ファイルをダウンロードして手作業で組み込むより、開発環境に専用プラグインを追加して作業するほうが簡単です。jMakiプロジェクトでは、jMaki本体の他に、NetBeansとEclipse用のプラグインを作成し配布しています。ここでは、Eclipseにプラグインを追加して利用してみることにしましょう。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 掌田 津耶乃(ショウダ ツヤノ)

    三文ライター&三流プログラマ。主にビギナーに向けたプログラミング関連の執筆を中心に活動している。 ※現在、入門ドキュメントサイト「libro」、カード型学習サイト「CARD.tuyano.com」を公開中。またGoogle+プロフィールはこちら。

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5