Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Zend Framework入門(4):PHPでMVCアプリケーションを構築しよう - Zend_Controller(中編) -

Zend Frameworkによる実践的なPHPアプリケーション開発 4

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/03/06 14:00

本連載では、PHP上で動作するアプリケーションフレームワークの「Zend Framework」について紹介していきます。第4回は、Zend_Controllerの続編として、モジュール/ルーティングについて解説します。

目次

はじめに

 本連載では、PHP上で動作するアプリケーションフレームワークであるZend Frameworkについて紹介していきます。前回は、Zend FrameworkのMVCの中核となるZend_Controllerについて、フロントコントローラとアクションコントローラを中心に解説しました。第4回目となる今回は、Zend_Controllerの続編として、モジュール/ルーティングについて解説します。

対象読者

 PHPの基本構文は一通り理解しているが、フレームワークを利用したことはないという方を対象としています。

これまでの記事

必要な環境

 Zend FrameworkはPHP 5.1.4以降とWebサーバがインストールされている環境で利用可能です。本稿ではWebサーバとしてApache 2.2を、OSにWindows XPを採用し、アプリケーションを作成していきます。また、データベースを用いるサンプル(次回以降)では、MySQLを利用する予定です。以下に、今回アプリケーション作成/動作確認に用いた環境を示します(インストールにあたっては最新安定版の使用を推奨します)。各項目の詳細なインストール手順は、「サーバサイド技術の学び舎 - WINGS」より「サーバサイド環境構築設定手順」を参照ください。

  • WindowsXP SP2
  • PHP 5.2.4
  • Apache 2.2.6

 LinuxやFreeBSDなどUNIX系OSをお使いの方もコマンドはほぼ一緒ですので、パスなどは適宜読み替えてください。

モジュールについて

 前回軽く触れたモジュールについて、解説します。

 モジュールは、MVCアプリケーションを単位として扱います。つまり一つ一つのモジュールにそれぞれモデル/コントローラ/ビューが備わっています。モジュールは別のアプリケーションでも再利用することができるので、よく使う機能などをモジュールとしてまとめておけば便利です。モジュールに対しては、これまでのモジュールなしのMVCアプリケーション同様にフロントコントローラからモジュール内のアクションコントローラへディスパッチがなされます。

モジュールのイメージ
モジュールのイメージ

フォルダ配置

 実際には、モジュールは次のように配置します(ドキュメントフォルダが「htdocs」、アプリケーションフォルダが「zendapps」の場合)。

htdocs/
    index.php
zendapps/
    default/    (デフォルトのモジュール)
        controllers/
            IndexController.php
        models/
        views/
    solid/      (モジュール)
        controllers/
        models/
        views/
    liquid/     (モジュール)
        controllers/
        models/
        views/
…

 「solid」「liquid」というフォルダ内にそれぞれMVCのフォルダが存在し、アプリケーションを構成しています。この「solid」「liquid」がモジュールとして扱われます。

 「default」フォルダはデフォルトのモジュールで、モジュール名の指定がない場合にディスパッチされます。

モジュール内のコントローラクラス名

 モジュール内のコントローラクラス名は「<モジュール名(最初大文字)>_<アクションコントローラ名>」とします。例えばsolidモジュール内のIndexController.phpで定義されるコントローラクラスは、「Solid_IndexController」となります。

 デフォルトのモジュール内では、モジュール名つまり「Default_」をつける必要はありません。

モジュールの利用方法

 フロントコントローラから実際にモジュールを利用するには次のようにします。

  • モジュールのコントローラフォルダを指定する
  • ルーティングでモジュールを指定する

コントローラフォルダの指定

 前回フロントコントローラの項で紹介した「setControllerDirectory()」の引数には、次のように配列を入れます(上記モジュール配置の場合)。

$front = Zend_Controller_Front::getInstance();
$front->setControllerDirectory(
    array(
    'default' => '../zendapps/default/controllers',
    'solid' => '../zendapps/solid/controllers',
    'liquid' => '../zendapps/liquid/controllers'
    )
);

 「addControllerDirectory()」の場合は

$front->addControllerDirectory(
    '../zendapps/liquid/controllers', 'liquid');

 のように、第1引数にパスを、第2引数にモジュール名を入れます。

 また、「addModuleDirectory()」でフォルダ内の複数のモジュールを一気に指定する方法もあります。上記モジュール配置の場合は「zendapps」内にモジュールがすべて入っていますので、次のように引数を「zendapps」フォルダとすることで各モジュールを指定できます。

$front = Zend_Controller_Front::getInstance();
$front->addModuleDirectory('../zendapps');

ルーティング

 デフォルトのルーティングでは、モジュール名はコントローラ名の前に記述されます。つまり、

http://~/<モジュール名>/<コントローラ名>/…

 となります。該当するモジュールがない場合、それはコントローラ名として扱われ、コントローラが探されることになります。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLD...

  • WINGSプロジェクト 川北 季(カワキタ ミノル)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

バックナンバー

連載:Zend Framework入門

もっと読む

All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5