SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

Team Foundation Serverを使ってみよう

Team Foundation Server超簡単インストール

Team Foundation Serverを使ってみよう(1)


  • X ポスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Visual Studio 2005 Team Systemのエディションのうちサーバー製品であるTeam Foundation Serverのインストール方法について解説します。なお最低限の機能を使用でき、なおかつ簡単にインストールするためにワークグループを使ってシングルサーバー構成でインストールを行い、Team Foundation アラートの機能はインストールしない方法で紹介します。

  • X ポスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

 Visual Studio 2005 Team Systemによって、Visual Studioのターゲットは開発者の枠を飛び越えることになりました。これはプロジェクトマネージャーからテスターまでを包括的にカバーし、チーム開発を強力に支援する製品としてリリースされましたが、まだまだ浸透していないように思います。

 以前Team Foundation Server(以下、TFS)の機能については『TFSで行うチーム開発、プロジェクトマネジメント』で紹介しましたが、実際インストールするにはインストールマニュアルと格闘しなければならず、試さずにいる方も多いのではないでしょうか。そこで今回はTFSのインストール方法を分かりやすく紹介します。

対象読者

  • Visual Studio 2005 Team Systemに興味がある方
  • Team Foundation Serverに興味がある方

TFSインストールの種類

 TFSはユーザーがサービスを利用する窓口となるアプリケーション層サーバー、TFSが利用するデータベースを管理するデータ層サーバーの物理2層構造Webアプリケーション(正確にはWebサービスアプリケーション)として構築されています。この2つのサーバー機能は異なるマシンにインストールすることも、同一のサーバーにインストールすることもできます。

 TFSでは前者の構成を「デュアルサーバー構成」と呼びます。デュアルサーバー構成の場合、データ層はx64環境で構築することができたり、アプリケーション層のスケールアウトができたりといったメリットがありますが、すべてのサーバーがActive Directoryの管理下にある必要があるという制約もあります。なお、Active DirectoryドメインコントローラーとTFSのサーバー機能は共存できませんので注意してください。

 後者の構成は「シングルサーバー構成」と呼びます。シングルサーバー構成では、x64環境を利用することができない(アプリケーション層はx86のみをサポートしているためです)という制約がありますが、Windowsのワークグループのメンバでもインストールすることができます。開発者が100人を超えるような大規模開発の場合にはデュアルサーバー構成でTFS環境を構築することが推奨されていますが、試しに使ってみようという程度であればシングルサーバー構成でも十分ですし、何よりお手軽です。

 本稿ではTFSを簡単にインストールすべく、ワークグループメンバのサーバーにシングルサーバー構成でTFSをインストールする方法について解説します。

必要な環境と準備

  • Team Foundation Server
  • Microsoft SQL Server 2005
  • Windows SharePoint Services SP2

 Team Foundation Serverの180日間評価版は「Visual Studio 2005 Team Foundation Server 評価版」からダウンロードすることができます。またWindows SharePoint Services SP2は「Windows SharePoint Services Service Pack 2」からダウンロードできます。なおTFSの評価版はisoファイルですので、DVDを作成するか、Daemon Toolsなどを利用してインストールしてください。なお、SQL Server 2005についてはTFS付属のStandard Ediを利用してください。

 インストールガイドによるインストール要件を表1に示します。

表1 Team Foundation Serverのインストール要件
OS Microsoft Windows Server 2003
CPU 2.2 GHz Pentium IV または Athlon
メモリ 1 GB
ハードディスク 8 GB の空きディスク領域

インストールに必要なユーザーの作成

 TFSをインストールするには以下の3つのユーザーが必要です。

  • TFSをインストールする際に使用するアカウント
  • TFSの各サービスの実行に使用するアカウント
  • Reporting Services で使用するアカウント

 この3つのユーザーを1つのユーザーアカウントで済ませることはできませんので、必ず作成してください。なお、TFSをインストール際に使用するアカウントは既存のAdministratorユーザーやAdministratorsグループに所属するユーザーを利用することができます。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
TFSが使用するソフトウェアをインストール

この記事は参考になりましたか?

  • X ポスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Team Foundation Serverを使ってみよう連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。主な著書に「独習シリーズ(Java・C#・Python・PHP・Ruby・JSP&サーブレットなど)」「速習シリーズ(ASP.NET Core・Vue.js・React・TypeScript・ECMAScript、Laravelなど)」「改訂3版JavaScript本格入門」「これからはじめるReact実践入門」「はじめてのAndroidアプリ開発 Kotlin編 」他、著書多数

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

WINGSプロジェクト りばてぃ/FUJIKO/ナオキ(リバティ, フジコ, ナオキ)

WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂きたい。著書記事多数。 RSS Twitter: @yyamada(公式)、@yyamada/wings(メンバーリスト) Facebook

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • X ポスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/2368 2008/09/05 11:41

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング