Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Microsoft、「Windows 7」初のデモンストレーションを実施、2009年早期にはベータ版の提供開始

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/10/29 17:11

 Microsoftは28日、「Professional Developers Conference 2008」において、開発者に向けて次期Windows OS「Windows 7」の初のデモンストレーションを実施した。また、次期OfficeにWebアプリケーション機能が搭載されることも明らかにした。

 Microsoftは28日、「Professional Developers Conference 2008」において、開発者に向け次期Windows OS「Windows 7」の初のデモンストレーションを実施した。また、来場者に対してWindows 7のプリベータ版を提供し、来年早期に完全なベータ版を提供する計画を発表した。

 Windows 7では、Vistaとハードウェア、アプリケーション、デバイスドライバーの互換性があることを発表。マルチタッチジェスチャーなどの新たな入力機能が搭載されるほか、ナビゲーションの改良、新しいタスクバーの導入、ユーザーインターフェースの一新などが実施されるという。

 また、リボン、デスティネーション、シェル統合などにより、アプリケーションをより使いやすくし、情報の検索機能も向上する見込みだ。その他にも、新機能「Device Stage」により、PC、カメラ、モバイル、プリンターなど外部デバイスをWindows 7から一括管理することができるという。

 また、Microsoftはあわせて、Officeの次期バージョンの一部としてOffice Webアプリケーションを提供することも明らかにした。個人ユーザーにはOffice Liveを通じて、企業ユーザーはホスト型のプログラム提供と既存のボリュームライセンスプログラムを通じて提供され、複数のデバイスからOffice文書へのアクセス、作成、編集、共有、共同作業が可能になる。Firefox、SafariといったサードパーティのWebブラウザーでも利用できる予定だ。

 なお、Microsoftは2008年末までに、Office Webアプリケーションのプライベートテクニカルプレビュー版をリリースするとしている。

 
【関連リンク】
Microsoft、Windows 7のプリベータ版を開発者に提供し、Office Webアプリケーションのプレビューを実施(プレスリリース)

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5