CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Google App Engine for Javaを使ってみよう!
(1)Google Plugin for Eclipse

Google App Engine for Javaを使ってみよう! (1)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/04/14 14:05

目次

プロジェクトの作成

 それでは、プロジェクトを作成をしてみましょう。新規プロジェクトを作成するには、新たに追加された[g]マーク をクリックします。

 [Project name]、[Package]の2箇所に適切な名前を入力します。ここでは例として、それぞれ「Test」、「com.daisukeyamashita.test」を入力しています。入力が完了したら[Finish]をクリックします。

 さきほど、[Project name]で入力したプロジェクトが、サンプルソースコードと共に作成されていると思います。

実行

 Google Plugin for Eclipseには、Google Web Toolkit(以降、GWT)のSDKが付いており、先ほど作成したプロジェクトには、GWTで実装されたAjaxのサンプルソースコードが含まれています。

 早速、サンプルを実行してみましょう。プロジェクト名を右クリックして、[Run As]-[Web Application]をクリックします。

初回実行時の注意

 初回実行時に限り、「Windowsセキュリティの重要な警告」というダイアログが表示されることがあります。これは、ローカルのテスト用サーバがポートを開けるためで、必ず[ブロックを解除する]を選択して下さい。

 すると、まず1つ目の下図のようなコンソール画面が表示され、次に2つ目の下図のようなGoogle App Engine Development簡易ブラウザが表示されます。画面中央のテキストボックスに適当な文字列を入力して[Send]をクリックしてみましょう。

 すると、以下のような表示が現れます。

他のブラウザでのテスト

 GWTのコンパイラの出力結果がInternet Explorer/Firefox/Opera/Safariなどのブラウザで正しく動作することは保障されていますが、不安な場合には簡易ブラウザのURLバーに表示されているアドレスにアクセスすることで、任意のブラウザでテストすることができます。

 筆者はGWTを業務で利用したり、「京都GWT勉強会」を主催したりしていますが、過去の経験からGWTを利用したプログラムのバグはJNSIで書いた箇所CSSに集中しています。また、最終的に「JavaScriptに変換されること」「Ajaxで非同期に動作すること」を意識しないと、変数の使い回しでハマることがありますのでご注意ください。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

修正履歴

  • 2009/11/22 17:03 Eclipse 3.5 (Galileo) に関する記述を追加

  • 2009/04/17 11:17 アカウント枠の拡大情報を加筆。

バックナンバー

連載:Google App Engine for Javaを使ってみよう!

もっと読む

著者プロフィール

  • 山下 大介(ヤマシタ ダイスケ)

      京都大学を中心とした、産官学共同プロジェクトのSOBAプロジェクトに参加後、同プロジェクトで開発したP2P配信によるVoIP技術を2005年に商業化。オープンソース、VoIP、P2P、クラウドコンピューティングに精通。趣味はGoogleの追っかけ。現在は、株式会社SOBAプロ...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5