SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

Google App Engine for Javaで動作するスクリプト系言語

PHPも使える! Google App Engine for Java(前編)

Google App Engine for Javaで動作するスクリプト系言語 (1)

  • X ポスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleのクラウドコンピューティング環境「Google App Engine」は、2009年4月にJavaにも対応しました。このことは大きな意味を持っています。それはJava言語のみならず、JavaVM上で動作する多くのスクリプト系言語も(ある程度の修正や設定は必要になりますが)動作させることができるためです。前編ではJavaVM上に実装されたスクリプト系言語の中でもPHPを、簡単なWebアプリケーションを例に、Google App Engine for Javaで動作させる方法について説明していきます。

  • X ポスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

 Amazon EC2をはじめ、クラウドコンピューティングのインフラ環境は以前に比べて手に届きやすいところにやってきました。しかしながら、サーバの設定が複雑だったり、独自言語だったりと、お手軽に試すにはもう一歩踏み出すことができない方が多いのではないでしょうか?

 GoogleはGoogle App Engineを2008年4月に公開しました。このときはPythonのみが対象でしたが、2009年4月にはJavaにも対応しました。このことは大きな意味を持っています。それはJava言語のみならず、JavaVM上で動作する多くのスクリプト系言語も(ある程度の修正や設定は必要になりますが)動作させることができるためです。

 前編ではJavaVM上に実装されたスクリプト系言語の中でもPHPを、簡単なWebアプリケーションを例に、Google App Engine for Javaで動作させる方法について説明していきます。

対象読者

  • Google App Engine for Javaに興味がある方
  • スクリプト言語、特にPHPのクラウドコンピューティング環境に興味のある方

必要な環境

 Googleが提供するEclipseのプラグイン(Google Plugin for Eclipse)を使用して開発を行います。Google Plugin for Eclipseのインストールについては『Google App Engine for Javaを使ってみよう! (1)Google Plugin for Eclipse』で説明されていますので、こちらを参照してください。

 この記事で紹介するプログラムはWindows版のEclipse 3.4.1(Ganymede)に日本語化言語パック(注1)を適用した環境で動作することを確認しています。

Google App Engine for Java

 Google App Engine for JavaではServletやJSPを使用してWebアプリケーションを構築することになりますが、提供されるJavaの実行環境はJava6になります。

 Google App Engine for JavaではスケーラブルかつセキュアなWebアプリケーションを実現するためにサンドボックス上で動作するようになっており、いくつかの制限が設けられています。例えば次のような機能には対応していません。

  • スレッドやサブプロセスの生成
  • ローカルファイルへの書き込み(読み込みは可能)
  • JNIなどのネイティブコードの実行
  • ネットワーク接続(HTTPとHTTPSは可能)

 JRE(Java Runtime Environment)に含まれるクラスで使用可能なものは、「The JRE Class White List」に一覧が載っていますので、ご参照ください。

 Google App Engineではデータの保存はApp Engineデータストアと呼ばれる仕組みを使って実現します。Google App Engine for JavaではJDO(Java Data Objects)やJPA(Java Persistence API)などの提供するインターフェイスを使ってアプリケーションを実装します。

 外部ホストへの接続にはHTTPとHTTPSのみが許可されており、java.net.URLConnectionを使って実現します。

 その他、キャッシュを実現する機能としてJCache(JSR107)やメール送信の機能としてJavaMailも使用することができます。

PHPを動作させるために必要な環境

 JavaVM上で動作するスクリプト系言語には、JRuby、Jython、Groovy、Scalaなどがありますが、この記事ではCaucho Technologyが開発しているQuercusを使用します。

 QuercusはJavaで実装されたPHP5および6の実行環境で、GPLライセンスで提供されています。DrupalやPHP-Nuke、そしてWordpressなどの動作実績があります。C言語で実装されたPHPの標準/拡張モジュールもJavaに移植されていますが、すべてのモジュールが使用できるわけではありません。実装されているモジュールについては、Quercus Modules Statusを参照してください。また、Quercusに関する詳細な情報はQuercusのWebページを参照してください。

 QuercusではPHPスクリプトファイルを実行するためのQuercusServletが用意されており、このServletが指定されたリクエストに対応するPHPスクリプトファイルを読み込み、実行し、結果を返します。

Quercusの実行
Quercusの実行

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
開発に必要なライブラリ

修正履歴

この記事は参考になりましたか?

  • X ポスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Google App Engine for Javaで動作するスクリプト系言語連載記事一覧
この記事の著者

山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。主な著書に「独習シリーズ(Java・C#・Python・PHP・Ruby・JSP&サーブレットなど)」「速習シリーズ(ASP.NET Core・Vue.js・React・TypeScript・ECMAScript、Laravelなど)」「改訂3版JavaScript本格入門」「これからはじめるReact実践入門」「はじめてのAndroidアプリ開発 Kotlin編 」他、著書多数

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

WINGSプロジェクト 花田 善仁(ハナダ ヨシヒト)

WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂きたい。著書記事多数。 RSS Twitter: @yyamada(公式)、@yyamada/wings(メンバーリスト) Facebook

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • X ポスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/3948 2009/06/09 14:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング