SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

目的に応じて適材適所で使うPHPライブラリ

PHPライブラリ「Imagick」で携帯の機種に応じた画像を表示する

目的に応じて適材適所で使うPHPライブラリ(1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 画像処理を行うライブラリの1つにImageMagickがあります。ImageMagickをPHPで利用するための拡張インターフェースをImagickといい、このインターフェースを使用すると簡単にImageMagickの機能が利用できます。本記事ではImagickを利用して、アクセスしてきた携帯電話の機種に応じて画像を表示させる仕組みの構築例について説明します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

 画像処理を行うライブラリの1つにImageMagickがあります。

 ImageMagickとは ImageMagick Studio LLC が開発する画像操作のためのソフトウェアで、GIF、JPEG、JPEG 2000、PNG、PDF、PhotoCD、TIFF、DPXなどの幅広いファイルフォーマットに対応しています。GPL互換性のあるライセンスで提供されています。

 そして、ImageMagickの機能をPHPで利用するための拡張インターフェースがImagickです。PHPでこのImagickを使うと簡単なコードでImageMagickの機能を利用できます。

 本記事ではImagickを利用して、アクセスしてきた携帯電話の機種に応じて画像を表示させる仕組みの構築例について説明します。

対象読者

  • PHPでのWebアプリケーション開発について基本的なことを理解している方

動作環境と開発環境

 本連載で紹介するサンプルなどで実行している環境は次のとおりです。

  • CentOS 5.3
  • Httpd 2.0.61
  • PHP 5.2.9

ImageMagickのインストール

 ImageMagickはソースからコンパイルしてインストールします。

Linuxの場合

 # yum install libpng-devel
 # wget ftp://ftp.imagemagick.org/pub/ImageMagick/ImageMagick-6.5.4-7.tar.gz
 # tar zxvf ImageMagick-6.5.4-7.tar.gz
 # cd ImageMagick-6.5.4
 # ./configure
 # make
 # make install

Windowsの場合

 ImageMagick公式サイトのダウンロードページよりImageMagick-6.5.4-10-Q16-windows-dll.exeをダウンロードしてインストールします。インストール後にシステム環境変数にImageMagickのインストールパスを追加します。

 「convert -help」でconvertコマンドが機能することが確認できればインストール成功です。

Imagickのインストール

 ImagickはPECLよりインストールします。

# pecl install imagick

 php.ini に以下の記述を追加します。

extension=imagick.so

 Apacheを再起動してphpinfoでインストールの成否を確認します。「imagick enabled」の項目が表示されていればインストール成功です。

「imagick enabled」表示画面
「imagick enabled」表示画面

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
携帯画面のサイズを取得するためのクラス/メソッドの作成

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目的に応じて適材適所で使うPHPライブラリ連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLDB/PEAR/Smarty)」「独習シリーズ(ASP.NET/PHP)」「10日でおぼえる入門教室シリーズ(ASP.NET/PHP/Jakarta/JSP&サーブレット/XML)」「Pocket詳解辞典シリーズ(ASP.NET/PHP/Perl&CGI)」「今日からつかえるシリーズ(PHP/JSP&サーブレット/XML/ASP)」「書き込み式 SQLのドリル」他、著書多数

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

WINGSプロジェクト 片渕 彼富(カタフチ カノトミ)

WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂きたい。著書記事多数。 RSS Twitter: @yyamada(公式)、@yyamada/wings(メンバーリスト) Facebook

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/4401 2009/10/19 14:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング