CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

PHPライブラリ「Imagick」で携帯の機種に応じた画像を表示する

目的に応じて適材適所で使うPHPライブラリ(1)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/10/19 14:00

目次

Imagickによる画像サイズ変換

 前ページで作成した端末サイズ取得クラスを使用して画面の幅を取得します。

$dm = & new DeviceManager();
$width = $dm->getDisplay()->_width;

 画像変換PHPは「file.php?file=xxx.jpg」の形式で呼び出せるものとします。

[リスト2]file.pp
require_once 'DeviceManager.class.php';

// ファイル名取得
$image_file = $_GET['file'];

// 拡張子取得
$data = pathinfo($image_file);
$ext = $data['extension'];

// 画像ファイルサイズを取得
list($file_width, $file_height, $file_type, $file_attr) = getimagesize($image_file);

// 画像ファイルmime_type取得
$file_info = getimagesize($image_file);
$file_mime = $file_info['mime'];

// DeviceManagerクラス
$dm = & new DeviceManager();
// 携帯画面の横サイズを取得します
$width = $dm->getDisplay()->_width;

// 画像ファイルの横のサイズが携帯画面の横サイズより大きな場合にサイズ変換を行います
if($file_width > $width){
    // サイズ変換後の画像ファイルが既に存在する場合
    $file_name = $width . '_' . $image_file;
    $file_path = 'images/'.$file_name;
    if(file_exists($file_path)){
        header('Content-type: '.$file_mime);
        echo readfile($file_path);
        exit;
    }
    // 縦を0にして縦横比同じ割合でサイズ変換
    $height = 0;
    // Imagickを利用
    $image = new Imagick();
    // サイズ変換前の画像ファイルを読込
    $image->readImageBlob(file_get_contents($image_file));
    // 画像種別を指定
    $image->setImageFormat($ext);
    // サイズを変換
    $image->thumbnailImage($width,$height);
    // 圧縮品質設定
    $image->setCompressionQuality(80);
    // サイズ変換した画像をimagesフォルダに保存
    $image->writeImage($file_path);
    // mime_type 指定
    header('Content-type: '.$file_mime);
    echo $image;
}else{
    header('Content-type: '.$file_mime);
    echo readfile($image_file);
}

 名前に「横サイズ+ファイル名」という規則性を持たせて保存することで次回以降は変換を行わない形式にしています。画像変換前にファイルの存在をチェックして、存在すれば画像サイズ変換を行わずそのまま表示します。

テスト

 実機でのテストを行う前にデバッグを兼ねる意味で、Firefoxからアクセスしてテストを行います。

 Firefoxの携帯シュミレーターアドオンFireMobileSimulatorFireMobileSimulator.orgよりインストールします。インストールに[ツールバー]→[FireMobileSimulator]→端末名を選択することにより選択した端末のシュミレーターとしてFirefoxを利用できます。

[ツールバー]→[FireMobileSimulator]→端末名を選択する
[ツールバー]→[FireMobileSimulator]→端末名を選択する

 テスト結果です。選択した機種に応じて画像のサイズが変更されているのを確認します。

Docomo P903 (240x320) での実行結果
Docomo P903 (240x320) での実行結果
au C5001T (144x192) での実行結果
au C5001T (144x192) での実行結果
SoftBank 731SC (234x312)での実行結果
SoftBank 731SC (234x312)での実行結果

 Firefoxでのテストが終わったら実機からアクセスして確認します。

まとめ

 PHPの画像処理インターフェースImagickとNet_UserAgent_Mobileを利用して携帯電話向けの画像サイズ変換の例を説明しました。

 Imagickには画像への文字出力、反転、切り出し、gifアニメ画像の加工等の機能もあります。これらの機能については次回の解説で触れる予定です。



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:目的に応じて適材適所で使うPHPライブラリ

もっと読む

著者プロフィール

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XM...

  • WINGSプロジェクト 片渕 彼富(カタフチ カノトミ)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5