CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

FileMakerカンファレンス 2009が東京で開催

ワークグループでのITソリューションと表計算脱却が今後のテーマに

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/11/02 14:01

 2009年10月30日、品川インターシティホールで「FileMakerカンファレンス 2009」が開催された。FileMaker, Inc.の社長であるドミニーク・グピール氏を始めとして米国本社スタッフによるプレゼンテーション、そして事例紹介とテクニカルセッションが開催され、 FileMaker関連の本格的なカンファレンスが開催された1日となった。

目次

 2009年10月30日、品川インターシティホールで「FileMakerカンファレンス 2009」が開催された。FileMaker, Inc.の社長であるドミニーク・グピール氏を始めとして米国本社スタッフによるプレゼンテーション、そして事例紹介とテクニカルセッションが開催され、 FileMaker関連の本格的なカンファレンスが開催された1日となった。

 オープニングセッションは基調講演と位置付けられ、ファイルメーカー社の日本法人社長であるウィリアム・エプリング氏がまず登壇し、カンファレンスの概要を説明すると共に、カンファレンス参加者に対して、ファイルメーカー社自身を知ってもらうこと、そして同社のテクノロジーを知ってもらうこと、さらに同社のスタッフと交流して欲しいと抱負を語った。そして、FileMaker, Inc.の社長ドミニーク・グピール氏にバトンタッチした。

図1 ファイルメーカー社社長であるウィリアム・エプリング氏
図1 ファイルメーカー社社長であるウィリアム・エプリング氏

現状のIT部門と組織内での問題は
表計算ソフトに頼り切っているところ

 グピール氏の講演は、企業やさまざまな組織でのIT利用の実態についての分析と、その中でデータベース製品であるFileMakerがどのような利用が有効なのか、そして、それが組織のIT利用の進展につながるという点を実証的に示したものであった。技術的な視点とマーケティングな視点がバランスよく含まれており、開発者にとっての今後の立ち位置はもちろん、利用者あるいは利用を検討しているユーザーにとってもFileMakerの効果的な導入と運用を理解するのに有益な内容であったと言える。

図2 FileMaker, Inc.の社長ドミニーク・グピール氏
図2 FileMaker, Inc.の社長ドミニーク・グピール氏

 まず始めに、現在のIT部門が抱える問題として、さまざまな制約や状況から、結果的にはミッションクリティカルなアプリケーションやインフラ、すなわち「エンタープライズアプリケーション」にのみ注力することになる点を示した。一方、組織内ではIT部門が抱えるような戦略的なITシステムだけでなく、各部門での業務をこなす戦術的ITシステムの必要性が高まっている。一般的にはそうした業務をExcelやAccess、特に表計算ソフトでこなそうとする傾向があるが、そこには多くの問題がはらんでいると説明する。

 表計算ソフトで業務をこなしても、データは作ったユーザーの手元にのみ存在する。グピール氏は「データは存在するが孤立した島にあるのと同じである。しかもそのソリューションは一般には低い品質であり、バージョンコントロールの問題がある」と解説する。つまり、データがあったとしてそれをメールで送って共有するとなると、送った先で変更され、あちらこちらで異なるデータとして集積され一貫性のない状態になるということだ。結果として「使えない仕組み」がコピーされ組織の業務としての品質は何ら高めていないということになる。スケールアップにつながらないだけでなく、実際に作られてたものはエラーの発生が極めて高いことも調査等で報告されていると説明した。

図3 表計算ソフトによるアプリケーションの問題点を指摘
図3 表計算ソフトによるアプリケーションの問題点を指摘

ワークグループ内でのアプリケーションに
適合できるのはFileMaker

 組織内のワークグループには、部署や特定の業務グループ、あるいは部署を横断したチーム等さまざまある。こうしたワークグループではテキスト文書はもちろん、画像やビデオ等、さまざまなデータが発生するし、データを集めて整理する必要がある点は言うまでもない。ただし、アプリケーションを作るのはチーム内のメンバーであることが多く、多くの場合はIT部門のサポートは受けられない。業務に関しては専門的であり自分の問題解決のためなので効率化に対する意欲は高いものの、一般には中間的なITスキルに留まることが多い。こうしたユーザーにとって使えるツールとは、「使い勝手がよく、1つのツールですべてが行える完備されたものである必要がある。そしてコストは低くなければならないが、一方でスケーラビリティやプラットフォームの多様性は求められてない」とグピール氏は分析する。そして、頻繁に更新を短時間で行うような仕組みが求められていると説明した。

図4 ワークグループツール(青)とエンタープライズツール(赤)の要求仕様の違い
図4 ワークグループツール(青)とエンタープライズツール(赤)の要求仕様の違い

 現在はこうしたワープグループでのアプリケーションを表計算で作成しているが、むしろそれはFileMakerの方がより適合することをアピールした。 FileMakerには現状の問題点を解決するさまざまな機能が含まれている。1つは共有データベースの運用が可能なことで、あちらこちらにコピーが点在することは簡単に防ぐことができる。また、データベースの利用はGUIベースで使い勝手がよく、加えてスクリプトを利用した自動化により、業務の効率化を段階的にできるなど、ワークグループに必要とされるITツールの機能を備えている。組織内でのミッションクリティカルなトップレベルのシステムと、ユーザーのデスクトップアプリケーションの中間的な「ワークグループアプリケーション」の溝を埋め、問題点を解決するのがFileMakerであると位置付けた。

図5 ワークグループアプリケーションに適合できるのがFileMaker
図5 ワークグループアプリケーションに適合できるのがFileMaker

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:イベントレポート

もっと読む

著者プロフィール

  • 新居 雅行(ニイ マサユキ)

     テクニカルライター、デベロッパー、コンサルタントとして、Mac OS X、iPhone、FileMakerを中心に活動している。近著には「新 リレーションで極めるFileMaker」(共著/ラトルズ)、 「FileMaker Server大全」(ラトルズ)、「Mac OS Xシステム管理」(ラトル...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5