Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

FileMakerカンファレンス2010が開催
新製品ラッシュだった今年を振り返り、さらにFileMaker Goの日本語版を披露

「FileMakerカンファレンス2010」レポート(1)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/11/02 17:00

 今回で2回目となる「FileMakerカンファレンス2010」が2010年10月29日に東京・秋葉原で開催された。本記事では、キーノートの内容をお届けし、別の記事で、iOSで利用できるFileMaker Goを取り上げたテクニカルセッションの内容をご紹介する。

目次

 今回で2回目となる「FileMakerカンファレンス2010」が2010年10月29日に東京・秋葉原で開催された。ファイルメーカー株式会社(日本法人)の社長ビル・エプリング氏らの基調講演を皮切りに、開発者向けのセッションやビジネスセッション、そして各社の展示やワークショップなどが開催され、多数の来場者が詰めかけた。本記事では、キーノートの内容をお届けし、別の記事で、iOSで利用できるFileMaker Goを取り上げたテクニカルセッションの内容をご紹介する。

FileMaker Goのリリースによって
製品系列はさらに幅を広げた

 キーノートセッションは、ファイルメーカー株式会社の社長ビル・エプリング氏(FileMaker Inc.の上席副社長およびCFOでもある)による同社のビジネス的な現状についての解説から始まった。FileMakerは使いやすいデータベースとして1600万本を超える出荷を果たし、会社設立以来常に利益を出していることが説明され、現在も研究開発に積極的な投資をしていることが説明された。最近では、iOSに対応したFileMaker Goがリリースされ、短期間にアップデートを重ねるなど、高い評価を得ている。新たなプラットフォームへの進展を「Game Change」(ビジネスのやり方が変わるほどのインパクトの意味)と表現した。

 製品系列や関連するコミュニティなどの解説に続いて、同社の国別の販売シェアをグラフで示した。40%ほどが米国でトップシェアであることに対して、日本は単一の国としては2番目のシェアとなり(グラフでは20%ほどと読み取れる)、日本は最重要なマーケットであることが紹介された。日本でも多くの会社や団体で使われていることが紹介され、大学卒業予定者の人気企業ランキングの上位100社のうち91社で使われていることも紹介された。

 同氏のプレゼンテーションの最後にFileMakerを選択する理由がいくつか紹介されたが、氏が強調したのはROI(投資収益率)が高い点だ。投資した結果が大きくビジネスに反映される点をアピールした。

図1 ファイルメーカー株式会社社長、ビル・エプリング氏
図1 ファイルメーカー株式会社社長、ビル・エプリング氏
図2 全世界の売上の中で日本は大きなシェアを持つ
図2 全世界の売上の中で日本は大きなシェアを持つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

修正履歴

  • 2010/11/04 11:34 図2を差し替えました

著者プロフィール

  • 新居 雅行(ニイ マサユキ)

     テクニカルライター、デベロッパー、コンサルタントとして、Mac OS X、iPhone、FileMakerを中心に活動している。近著には「新 リレーションで極めるFileMaker」(共著/ラトルズ)、 「FileMaker Server大全」(ラトルズ)、「Mac OS Xシステム管理」(ラトル...

バックナンバー

連載:イベントレポート

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5