SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

CurlデベロッパーセンターPick Up(PR)

全機能を使い倒せ!大量データもグラフィカルに表示するCurlコントロール「RecordGrid」マニア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もう好きにして ! あなたの思うまま。RecordGridオープンコントール

 これまで、RecordGridを継承して機能を追加する方法や、RecordGridCellをカスタマイズしてデータの表現を変える方法を紹介してきました。しかし、それでは限界があります。機能を追加、拡張したいと思っても、RecordGridを継承して追加することが不可能な場合があります。その場合はオープンコントロールを利用しましょう。

 Curlにはコントロール部品のソースコードが公開されています。もちろん、RecordGridのソースコードも公開されており、ソースコードを改変することで追加したい機能、表現方法を変えることが可能です。オープンコントロールは、以下のディレクトリに含まれています。

C:\Program Files\Curl Corporation\Surge\8\ide\gui\controls

 バージョン7のデフォルトインストールの場合、RecordGridに関するファイルは、以下のファイルになります。

feels/record-grid-feels.scurl
logical-controls/record-grid-ui.scurl
logical-controls/record-grid.scurl
ui-generic/standard-record-grid-cells.scurl
ui-skinnable/skinnable-record-grid-ui.scurl
ui-skinnable/skinnable-record-grid-cell-uis.scurl
ui-standard/standard-record-grid-cell-uis.scurl
ui-standard/standard-record-grid-ui.scurl
styled-controls/skinned-record-grid-uis.scurl

 これらのファイルを修正することで、今まではより違ったRecordGridを作ることができます。例えば、セル全体に画像を設定したり、任意の部品の色を細かく設定することが可能となります。

背景に画像を表示し、セルの任意の部品の色を設定した表
背景に画像を表示し、セルの任意の部品の色を設定した表

 RecordGridのソースコードを改変することで、拡張性が飛躍的に高まることが分かります。

次のページ
RecordGridのさらなる進化!DataGrid

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CurlデベロッパーセンターPick Up連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

住商情報システム株式会社(スミショウジョウホウシステムカブシキガイシャ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

小段 政樹(コダン マサキ)

2003年、住商情報システム株式会社に入社後Curlビジネスに携わり、多数の基幹系業務システムの開発・設計を担当、その後、Curlサポートセンターでのサポート業務に従事。現在は、Curlプロダクトの開発・メンテナンスを行っている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

カール ウィリアム スターン(カール ウィリアム スターン)

アメリカ生まれ、マサチューセッツ工科大学卒。1998年から超並列計算機、ウェブアプリケーション、ウェブ検索システム、個人認証システム開発に携わり2000年よりCurlCorpolation(現Curl,inc.)にてCurlのGUI開発担当となる。現在、住商情報システム株式会社に勤務、CurlのGU...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/6113 2011/08/22 14:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング