Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

ウィザードで入力を行うASP.NET アプリケーションの作成

「Wizard for ASP.NET Wijmo」のC1Wizardコントロールを使ったアプリケーションの作成

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/02/15 14:00

 「ComponentOne Studio for ASP.NET Wijmo」に収録されている「Wizard for ASP.NET Wijmo」のC1Wizardコントロールを使って、簡単なファイルダウンロード操作画面を持つWebアプリケーションを作成してみます。

目次

はじめに

 Windowsフォームでおなじみのウィザードは、入力をステップごとに行ったり操作手順を分かりやすく説明するなど、ユーザーにやさしいインターフェースを提供し、複雑な入力操作や手続きの多い入力処理に高い効率化を生み出しています。

 しかしWebページでは、アンケートの入力やダウンロードといった、ステップを踏む手続き操作はページ遷移を伴います。よって、サーバや回線の負荷が高い時には、操作に若干の待ち時間が発生することがあります。

 「Wizard for ASP.NET Wijmo」のC1Wizardコントロールは、Webページにウィザード機能を組み込み、クライアント側でさまざまな動作を実行できるようにする、jQueryライブラリを利用して作られた軽量・コンパクトなコントロールです。

 ページ内でウィザード機能を実行するので、手続きのたびにページを移動したり再ロードしたりすることがなく、ユーザーにもサーバにも負荷をかけずに処理を実行させることができます。

 今回は、このC1Wizardコントロールを使い、簡単なファイルダウンロード操作画面を持ったWebアプリケーションを作成してみました。

Webページ内にウィザード機能を組み込む
Webページ内にウィザード機能を組み込む

対象読者

 Visual Basic 2010、またはVisual C# 2010を使ってプログラムを作ったことがある人。

必要な環境

 Visual Basic 2010、Visual C# 2010、Visual Studio 2010のいずれかでプログラムが作れる環境。対応ブラウザについては、グレープシティ社Webサイトの「クロスブラウザ対応」でご確認ください。

 なお、本プログラムは次の環境で開発・動作確認を行っています。

  • OS: Windows 7
  • 開発ツール: Visual Studio 2010、.NET Framework 4
  • ブラウザ: Microsoft Internet Explorer 9

サンプルプログラム実行時の注意事項

[1] Visual StudioでサンプルWebサイトを開く

 Visual Studioをお持ちであれば、ComponentOne Studio for ASP.NET Wijmo 2012Jトライアル版をインストールし、ソースコード圧縮ファイル「Wizard_Report_ASP_vb_src.zip」または「Wizard_Report_ASP_cs_src.zip」を解凍して作成されるプロジェクトファイルを、Visual Studioで開き実行させてください。

[2] Visual Studioを使わずにサンプルWebサイトを開く

 Visual Studioを使わずに、サンプルWebサイトを直接IISなどのWebサーバで開く場合は、ソースコード圧縮ファイル「Wizard_Report_ASP_vb_src.zip」または「Wizard_Report_ASP_cs_src.zip」を解凍して作成されるプロジェクトファイルを、フォルダ構成を変えずにWebサーバにインストール・登録してください。

 以下は、Microsoft IISサーバにインストールする場合の手順です。

  1. プロジェクトファイルのフォルダを、そのままWebサーバーへ配置します(例:\Inetpub\wwwroot直下へ配置)。
  2. サーバーに配置したアプリケーションフォルダに対して、「アプリケーションへの変換」を実行します。
  3. 「アプリケーションの追加」ダイアログで、「アプリケーションプール」を「Classic .NET AppPool」に設定します。
  4. クライアントのWebブラウザで、Default.aspxファイルを開きます(例:「http://localhost/mysplit_vb/Default.aspx」)。
注意事項1

 本サンプルプログラムは、レポート定義ファイルを使用しますが、このファイルはデータベースファイルへのフルパスを使用して接続文字列を作成しています。

 そのため、単純にプロジェクトファイルをお手持ちのコンピュータにインストールしただけでは正常に動作いたしません。

 サンプルプログラムを動作させる場合は、サンプルプロジェクトをインストール後、記事の解説に従ってデータベースのレポート定義ファイルを作成しなおしてから実行してください。

注意事項2

 Windows Vistaで製品のサンプルをコンパイルしようとすると、エラーが発生する場合があります。これは、Windows VistaのUAC(ユーザーアカウント制御)により、製品サンプルがインストールされているフォルダに書き込みができないため、コンパイル時にエラーが発生するという現象です。Visual Studioを管理者権限で実行するか、サンプルプロジェクト一式をアクセス権のあるフォルダに移動してからコンパイルを行うようにしてください。

 また、Webブラウザでaspxファイルを実行する際にIISサーバでエラーになる場合は、Web.configファイルに以下の1行を追加してください。

 <identity impersonate="false" />

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(ComponentOne Studio)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5