CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

ホスティング数が世界最大級、物理サーバーも利用可―COOが明かすクラウドサービス「SoftLayer」の全貌

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/01/20 16:30

 海外ではAmazon Web Services(AWS)やRackspaceと並び、クラウドベンダーとして著名な「SoftLayer」。IBMが2013年6月に買収し、同社の「SmartCloud Enterprise」(国内では「SmarterCloud Enterprise」)を終息させ移行を促すことが発表されるなど、国内でも注目度が高まってきている。SoftLayerとは、どんなサービスなのか。SoftLayerのCOO、ジョージ・カルディス氏にその全貌を伺った。

目次
SoftLayer 最高執行責任者(COO)
ジョージ・カルディス(George Kardis)氏
SoftLayer 最高執行責任者(COO)、ジョージ・カルディス(George Kardis)氏

ホスティングしているWebサイトの数が世界最大級

 SoftLayerは2005年に設立した、専用サーバー、マネージドホスティングサービス、クラウドコンピューティングプロバイダを手掛ける会社だ。世界に13のデータセンターを持ち、ポップ(POPs:points of presence)と呼ばれる17のネットワーク接続拠点でデータセンター間を補完して、インターネットよりも高速に通信できるようにしている。

 2006年にダラスで最初のデータセンターを立ち上げて以来、10万台のサーバーが現在稼動し、140か国、2万2000社の顧客を抱えている。ホスティングしているドメイン数は2200万に及び、これは世界最大級だと言われている。

世界最大級のドメイン数をホスティングするSoftLayer(※顧客数は2014年1月時点の最新値で更新)
世界最大級のドメイン数をホスティングするSoftLayer(※顧客数は2014年1月時点の最新値で更新)

特長的な「ベアメタルサーバー」と「3ネットワークアーキテクチャ」

 プラットフォームの特長の一つとして、高速な読み書きを必要とするアプリケーションに適した「ベアメタルサーバー」(ハイパーバイザーのないシングルテナントの物理サーバー)を短時間でプロビジョニングできることがあり、ハイパーバイザーによる仮想マシンを組み合わせて、パブリッククラウド(マルチテナント)やプライベートクラウド(シングルテナント)を柔軟に構築することもできる。スケールアップやダウンも容易。

 この基盤となっているのが「インフラストラクチャ管理システム(Infrastracture Management System)」。プロビジョニングと、ITサービスのライフサイクル管理を行うもので、一番下のレイヤーで同社が提供するすべてのサービスを支えている。自社開発しているソフトウェアであり、アジャイル開発の手法により、開発チームは毎日のように新機能を追加している。

統一されたSoftLayerのアーキテクチャー
統一されたSoftLayerのアーキテクチャー

 その上に存在するのがネットワークのレイヤーで、同社最大の差別化要素の一つ。「3ネットワークアーキテクチャ(Three Network Architecture)」と呼ばれるもので、「パブリックネットワーク」「マネージメントネットワーク」「プライベートネットワーク」の3層構造で構築されている。

特徴的なSoftLayerの「3ネットワークアーキテクチャ」」
特徴的なSoftLayerの「3ネットワークアーキテクチャ」」

 インターネットにつながっており、外部のアプリケーションがアクセスする部分が「パブリックネットワーク」。ロードバランサやファイアウォールもこの層に存在する。

 アプリケーションやサービス、ストレージは「プライベートネットワーク」という別のインフラ上に存在しており、これはすべてのサーバー、すべてのデータセンターに展開している。例えば、ダラスにあるサーバーは、シンガポールやアムステルダムのサーバーと直接通信できる。同社ならではの機能で、データセンター間のプライベートネットワークの通信は課金されない。

 その中間に位置するのがインフラ管理を行う「マネージメントネットワーク」で、ユーザーがサーバーや仮想環境を管理するためにログインする部分。データセンターの制御機能もここで提供される。

 カルディス氏は「ネットワークはコンピューティングよりも重要。コンピューターはコモディティ化するがネットワークはしない」と述べ、最近はビッグデータアプリケーションによるワークロードの変化が予想されることから、ストレージ部分にリソースを費やしていることを明かした。

 また、開発初期からAPIが提供されており、ポータルや管理インフラ、モバイルアプリなど、ユーザーに提供されるすべてのサービスはこのAPIを通して実現されている。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 斉木 崇(編集部)(サイキ タカシ)

    メディア編集部 メディア1(CodeZine/EdTechZine/ProductZine)編集統括 兼 EdTechZine/ProductZine編集長。1978年生まれ。早稲田大学大学院理工学研究科(建築学専門分野)を卒業後、IT入門書系の出版社を経て、2005年に翔泳社へ入社。ソフトウェア開...

バックナンバー

連載:キーパーソンインタビュー

もっと読む

All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5