Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

IoT時代のマルチデバイス開発環境
~ 「第30回 エンバカデロ・デベロッパーキャンプ」レポート

Windows、Mac、iOS、Androidのマルチデバイスサポートに加え、IoTデバイスともつながるアプリを構築可能に

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/06/16 14:00

 2015年5月19日と21日、大阪と東京で開催された第30回 エンバカデロ・デベロッパーキャンプに、同社で製品担当マネージャを務めるマルコ・カントゥ氏が初来日し、「IoT時代のマルチデバイス開発環境」と題する講演を行いました。この記事では、同講演の内容をレポートします。

目次

IoTはソフトウェア開発者にとってデバイスのAPI

IoTとは?

 IoT(Internet of Things:モノのインターネット)は、ここ数年脚光を浴びているキーワードですが、その定義はさまざまです。「IoTって何ですか?」と20人に聞けば、異なる20の答えが返ってくるでしょう。

図1 デベロッパーキャンプで講演するマルコ・カントゥ氏

 ソフトウェア開発者にとってのIoTは、API(Application Programming Interface)です。開発者が、デバイスとやりとりできるAPIが用意されるということに意義があります。

 体重計、時計、フォークリフト、自動車、血圧計、サーモスタッドなど、これらがそれぞれAPIを持つことで、開発者はそこから情報を得たり、制御したりできるようになるのです。

図2 IoTは開発者にとってはデバイスとやりとりできるAPIが用意されるということ

 では、IoTを活用したシステムは、どのようなデータの流れになるのでしょうか?

インテリジェントなデータ処理が必要

 IoTデバイスは、インターネットを通じてデータのやり取りを行います。これらのデータはすべてクラウドに置くべきだという考えを提唱している人もいます。このようなクラウドモデルを提唱する企業は、従量課金制を適用しているケースが多いので、クラウドをもっと使ってほしいというモデルになるのは当然です。

 しかし、開発者の立場としては、もっとインテリジェントにデータを処理できると考えるべきです。

図3 IoTデバイスのデータはクラウドに置くだけではない

 例えば、室温を管理するIoTソリューションがあったとします。室温が毎秒取得できるからといって、これをすべてクラウドに保管したくはないでしょう。しかし、急激な温度変化には対応できなければなりません。そうすると、データを解釈できるようなアプリケーションを、データソースのすぐ近くに構築することが求められるのです。

 IoTをデバイスとデータを収集/分析するクラウドという視点だけで見るのではなく、デバイスの近くでデバイスを制御するアプリケーションを加えて考えると、より大きな価値を提供できることに気が付くはずです。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • EDN編集部(イーディーエヌ編集部)

    エンバカデロ・デベロッパーネットワーク(EDN)は、ソフトウェア開発者とデータベース技術者のための技術情報サイトです。Delphi、C++Builderをはじめとする開発ツールやER/Studioなどのデータベースツールに関連する技術記事、ビデオなどを提供しています。EDN編集部は、EDN記事と連携...

バックナンバー

連載:イベントレポート

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5