CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

5分でわかるActiveReports帳票-レイヤー

ActiveReports for .NET 9.0Jで作るサンプル帳票(3)

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次

画像トレース

 ここでは、既存の帳票をトレースしてレポートレイアウトを作成する方法について説明します。付属のサンプルは、「01_画像トレース.rdlx」をご参照ください。

下絵の設定

 はじめに、納品書などの既存の帳票をスキャンし、JPEGなどの画像ファイルとして保存しておきます。ここでは、「手元にある帳票はくしゃくしゃになった書類だけ」というケースを想定して、帳票をスキャンしています。

既存の帳票をスキャンした画像
既存の帳票をスキャンした画像

 次に、ページレポートにレイヤーを追加し、レイヤー名を「下絵」に設定します。この「下絵」レイヤーにImageコントロールを配置し、さきほどスキャンした画像を表示します。また、画像をトレースしやすくするために、「下絵」レイヤーを最背面に移動し、半透明(DesignerTrasnparencyプロパティを0.5)に設定しておきます。なお、操作ミスによる画像の移動やサイズ変更を防ぐために、「下絵」レイヤーをロックしておくことをおすすめします。

スキャンした画像の設定(下絵レイヤー)
スキャンした画像の設定(下絵レイヤー)

レポートアイテムを配置

 下絵をトレースして、デフォルトのレイヤー(default)にレポートアイテムを配置していきます。なお、こちらのレイヤーも半透明(DesignerTrasnparencyプロパティを0.5)に設定しておくと、「下絵」レイヤーの画像との重なりが確認しやすいでしょう。

 このように、レイヤー機能を使用すると、既存の帳票をトレースして帳票デザインしていくことが可能です。

レポートアイテムを配置(defaultレイヤー)
レポートアイテムを配置(defaultレイヤー)

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

著者プロフィール

バックナンバー

連載:5分でわかるActiveReports帳票

もっと読む

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5