Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

IoT時代のUIは「音声」が担う!? それを可能にする「Amazon Alexa」とは何か

AWS Summit Tokyo 2016レポート

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/06/20 18:30

 米Amazonでは昨年秋より、音声認識技術「Amazon Alexa(アレクサ)」を採用したアシスタントデバイス「Amazon Echo」が発売され、人気を集めている。AWSクラウド上でAmazon Alexaと連携するマイクロサービス開発をすることにより、Echoをフロントエンドにした音声操作の新しいソリューションが実現するという。Amazon Alexaでどんなことが実現できるのか。6月2日に開催されたAWS Summit Tokyo 2016の、Developer Conferenceにおける基調講演として、AVS(Alexa Voice Service)のシニアエバンジェリスト、Amit Jotwani氏が解説した。

目次

Alexa Voice Service シニアエバンジェリスト Amit Jotwani氏

Alexa Voice Service シニアエバンジェリスト Amit Jotwani氏

次代のユーザーインタフェースは音声が担う

 「タッチの時代は過去のモノとなるかもしれない」──。Jotwani氏はこう語り、基調講演をスタートさせた。今から10年前を振り返ると、キーボードとマウスが一般的なユーザーインタフェースだった。しかしタッチスクリーンやモバイルデバイスが登場したことで、コンピュータデバイスの制御方法は革命的に変化した。しかし、これらの方法で例えば「照明のスイッチをつける」などのスマートホームの制御ができるか、というとうまくできない。これは「UXが悪い」、そして「次世代のユーザーインタフェースとして自然で最もふさわしいのが音声」とJotwani氏は力強く語る。もちろん、Amazonではそれを見越して、音声操作のための技術の開発を行っている。それが「Alexa(アレクサ)」だ。

 すでにAlexaに対応したデバイスも発売されている。Alexaファミリーの第一弾としてリリースされたのがEchoだ。Echoは現在、Amazonでも大人気を博しているハンズフリーの音声認識エンジン内蔵スピーカー。「Echoは部屋を超えて聞く能力があり、曖昧な言葉を聞きとることができる」とJotwani氏は説明を続ける。使い方も簡単で、「Alexa(アレクサ)」と呼びかけると、音楽を流したり、天気を教えてくれたりする。そのほかにEcho DotとTapがある。Echo Dotは「Echoのミニバージョンで、Echoと同じ音声認識エンジンが搭載されている」とJotwani氏。一方のTapはWi-Fi対応のポータブルスピーカーシステムで、プッシュトークが実装されている。つまりEchoとは異なり、マイクのボタンをオンにすることで音声認識が開始される。Alexaは5月に、AmazonのHDMI端子対応テレビに接続するだけで動画ストリーミングサービスが楽しめるFire TVにも対応したという。「もし第二世代のFire TVを持っているのであれば、リモートでマイクボタンを押すことでTAPと同じ機能を使える」とJotwani氏は語る。

Amazon Alexaファミリー
Amazon Alexaファミリー

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 中村 仁美(ナカムラ ヒトミ)

     大阪府出身。教育大学卒。大学時代は臨床心理学を専攻。大手化学メーカー、日経BP社、ITに特化したコンテンツサービス&プロモーション会社を経て、2002年、フリーランス編集&ライターとして独立。現在はIT、キャリアというテーマを中心に活動中。IT記者会所属。趣味は読書、ドライブ、城探訪(日本の城)。...

バックナンバー

連載:イベントレポート

もっと読む

All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5