CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「DB」に関する記事

210件中181~200件を表示
  • 2007/10/18

    Oracle with FileMaker:必要なデータは現場で管理させるというアプローチ

    データベースを設計する際、ユーザからヒアリングしてシステムが構築されるまでの間に、運用上の仕様が変わってしまうことは多々あります。これはエンジニアにとっても現場担当者にとっても、由々しき問題です。そこで、高度な専門知識を必要とせずにデータベースを構築できる「FileMaker」を利用し、現場で必要なデータは、現場担当者自身の手で行ってもらう、というアプローチを紹介します。

  • 2007/10/18

    モバイル環境に分散したデータを同期する「Mobile Link」

    SQL Anywhereは、組込み・中小規模ビジネス・モバイル分野などで特に普及している、省リソースで高速な処理を実現するリレーショナルデータベースです。この連載では、その魅力を紹介していきます。第7回は、データベース同期のためのミドルウェア「Mobile Link」について紹介します。

  • 2007/09/28

    SQL Serverにおける日付/時刻計算のベストプラクティス

    SQL Serverでの日付/時刻計算では、どのような状況で算術演算子を使用できるでしょうか? また、Microsoftが提供する日付/時刻関数はどのような状況で使えばよいのでしょうか? 本稿では、算術演算子を使用できる状況、つまり、いつ使うと安全で、いつ使うと危険であるかを示すシナリオをいくつか紹介します。

  • 2007/09/19

    Linux版・PostgreSQLインストール手順

    本稿ではrpmを使用したLinux環境におけるPostgreSQLのダウンロード・インストール手順を説明します。

  • s.gif
    2007/09/12

    第7回 CACHÉを活用した.NETアプリケーション開発(後半)

    前回に引き続き、.NETアプリケーションからオブジェクトデータベース「Cache'」を活用する方法を解説します。後編では、Command、DataReader、DataAdapterと、データベースのインスタンスをオブジェクトと見なしてアクセスできる拡張機能「Cache'プロキシ」を紹介します。

  • 2007/08/27

    省リソースで軽快に動作する組込向けデータベース「Ultra Light」

    SQL Anywhereは、組込み・中小規模ビジネス・モバイル分野などで特に普及している、省リソースで高速な処理を実現するリレーショナルデータベースです。この連載では、その魅力を紹介していきます。第6回は、SQL Anywhereのパッケージに含まれる組込向けデータベース「Ultra Light」を、最新バージョンのSQL Anywhere 10向けに加筆して紹介します。

  • 2007/08/06

    SQL Anywhereのデータベース再構築/アップデート

    SQL Anywhereは、組込み・中小規模ビジネス・モバイル分野などで特に普及している、省リソースで高速な処理を実現するリレーショナルデータベースです。この連載では、その魅力を紹介していきます。第5回は、データベースの再構築、アップデートなどについて説明します。

  • 1576_t.gif
    2007/08/01

    第6回 CACHÉを活用した.NETアプリケーション開発(前半)

    今回から前・後編で、.NETアプリケーションからオブジェクトデータベース「Cache'」を活用する方法を解説します。前編では、Cache' Managed Provider for .NETの概要と使い方を説明します。

  • t.gif
    2007/08/01

    DeNAの人気サイトに学ぶ LAMPによるWeb-DBシステム構築/運用の極意(前編)

    株式会社ディー・エヌ・エーでは、オープンソースソフトウェアを活用して、「モバオク」「モバゲータウン」などのWeb/携帯電話向け大規模サービスを開発/運営している。特にMySQLについては数百台単位でレプリケーション運用しており、新しいオープンソースソフトウェアの導入も積極的に行なっている。本パートでは、このような実績を通して見い出されてきたWeb-DBシステムの構築/運用ノウハウを紹介していく。

  • 1516_t.gif
    2007/07/10

    第5回 JalapeñoによるJavaアプリケーション開発 後編

    第4~5回では、Cache' 2007.1から正式サポートされるJalapen~o(ハラペーニョ)テクノロジによるJavaアプリケーション開発について解説します。第5回の今回は、Jalapen~o ObjectManagerによるステップと、POJOアノテーションについて解説します。

  • 2007/07/02

    SQL Anywhereでの主キー/スケジュール処理/暗号化

    SQL Anywhereは、組込み・中小規模ビジネス・モバイル分野などで特に普及している、省リソースで高速な処理を実現するリレーショナルデータベースです。この連載では、その魅力を紹介していきます。第4回は、主キー生成や、タイミング指定での処理の実行方法、データベースの移行機能などについて説明します。

  • 2007/06/21

    PostgreSQLインストール手順

    本稿ではWindows環境におけるPostgreSQLのダウンロード・インストール手順を説明します。

  • 1445_t.gif
    2007/06/18

    第4回 JalapeñoによるJavaアプリケーション開発 前編

    第4~5回では、Cache' 2007.1から正式サポートされるJalapen~o(ハラペーニョ)テクノロジによるJavaアプリケーション開発について解説します。第4回の今回は、Jalapen~oテクノロジの概要と、POJOクラスによるアプリケーション開発の仕組みについて説明します。

  • 1410_t.gif
    2007/06/11

    ユーザビリティの現状とAnswers Anywhereの必要性

    Answers Anywhereは、強力な文脈理解機能を有し、ユーザと適切な情報を簡単・迅速に結びつけるインターフェースを提供可能にする、ミドルウェア・プラットフォームです。この連載を読めば、Answers Anywhereの魅力、使い方について学ぶことができるでしょう。第1回は、Answers Anywhereの概要、経緯、SDKのインストール方法などを紹介します。

  • 1279_t.gif
    2007/06/04

    SQL Anywhereのデータベース管理の基礎

    SQL Anywhereは、組込み・中小規模ビジネス・モバイル分野などで特に普及している、省リソースで高速な処理を実現するリレーショナルデータベースです。この連載では、その魅力を紹介していきます。第3回は、データベースの作成・起動、キャッシュの設定、ユーザ管理について説明します。

  • 1335_t.gif
    2007/05/30

    PHPでOracle Databaseを使う(導入編)

    昨今PHPによるWebシステム開発は増加の一途をたどり、Javaと並ぶ大きな流れとして、さまざまなシステムで利用されるようになってきました。本稿では、Oracle DatabaseとPHPを組み合わせる上で最も基本となる導入方法について説明します。

  • 1202_t.gif
    2007/05/10

    Oracleのストアド・プロシージャをVB/C#で記述する方法

    通常、OracleのストアドプロシージャはPL/SQLで記述する必要がありますが、Oracle Database 10g Release 2のOracle Database Extensions for .NET(ODE.NET)を利用すると、PL/SQLを利用したことのない開発者でも、VBやC#といった言語でOracleのストアドプロシージャを作成できます。今回は、ODE.NETを利用して.NETストアドプロシージャを記述してみましょう。

  • 1290_t.gif
    2007/05/07

    第3回 Java開発 - JDBC/Java BindingとJalapeño

    連載の第3回では、Cache'(キャシエ)とJavaでアプリケーション開発を行う際の、インターシステムズが提供するテクノロジーについて解説します。また、Cache'オブジェクトを意識せずにJavaによる開発手法を提供する新しいテクノロジー「Jalapen~o(ハラペーニョ)」にいたるまでの経緯についても触れます。

  • 1276_t.gif
    2007/05/07

    SQL Anywhereのインストールと概要

    SQL Anywhereは、組込み・中小規模ビジネス・モバイル分野などで特に普及している、省リソースで高速な処理を実現するリレーショナルデータベースです。この連載では、その魅力を紹介していきます。第2回は、SQL Anywhere Studioのインストール方法および、GUIツールやアーキテクチャの概要について説明します。

  • 1201_t.gif
    2007/05/02

    Visual Studio 2005からOracleを操作する

    Oracleが提供しているVisual Studioのアドイン「Oracle Developer Tools for Visual Studio」(ODT)を導入すると、Oracleデータベースを操作するさまざまな機能が使えるようになります。今回は、ODTのインストールと設定方法について説明し、ODTの目玉機能の一つであるPL/SQLコード・エディタを使用した、Oracleのストアドプロシージャ開発について説明します。

210件中181~200件を表示
All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5