Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

Amazon S3を使いこなしてみよう
~Amazon EC2/S3環境構築のすべて~

第2回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/11/19 14:00

 本連載では、Amazonが提供するクラウドコンピューティング・サービス「Amazon Web Services(AWS)」の概要から具体的な使い方までを紹介していきたいと思います。今回は、大容量のストレージホスティングサービス「Amazon S3」の利用方法を詳しく説明していきます。

目次

はじめに

 前回は、「Amazon EC2」や「Amazon S3」の概要や事例紹介、Amazon Web Servicesへのアカウント登録方法を紹介しました。今回は、実際に「Amazon S3」の利用方法について詳しく紹介していこうと思います。

 今回の内容の前提としては、Amazon Web Servicesのアカウントを既に登録していることとなります。まだ登録されていない方は、前回の記事を参考に登録してみてください。

これまでの記事

Amazon EC2とAmazon S3の利用登録

 「Amazon EC2」や「Amazon S3」を利用する場合は、まずそれらの利用申請を行う必要があります。「Amazon EC2」および「Amazon S3」の利用申請を行ってみましょう。

 まず、Amazon Web Servicesのトップページの左側にある「Explore Products」の「Infrastructure Services」から、[Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)]のリンクをクリックします(図1参照)。

図1
図1

 すると、「Amazon EC2」の概要が記されたページに遷移します。ここには「Amazon EC2」の仕様やオプション、料金などについての詳細が書かれています。

 利用するために、右上にある[Sign Up For Amazon EC2]のボタンをクリックします。クリック後に、サインインを要求された場合は、アカウント登録時(前回の記事を参照)に登録したメールアドレスやパスワードでログインを行ってください(図2参照)。

図2
図2

 ログイン後のページで、「Amazon EC2」および「Amazon S3」の料金体系や、利用後の料金の支払方法についての確認を行った上、上部にある[Complete Sign Up]のボタンをクリックします(図3参照)。

 なお、「Amazon EC2」や「Amazon S3」の料金体系については前回の記事で紹介しているので、参照ください。

図3
図3

 利用登録が完了すると図4の画面へと遷移し、登録したメールアドレスへ完了通知メールが届きます。

図4
図4

 以上で、「Amazon EC2」および「Amazon S3」の利用登録は完了です。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 並河 祐貴(ナミカワ ユウキ)

    TIS株式会社 / 社内ベンチャーカンパニー「SonicGarden」所属。オブジェクト指向開発、開発環境・ツール整備に従事した後、近年はRuby on Railsを中心としたオープンソース系ミドルウエアの検証 / 導入や、Xenなどのサーバ仮想化技術をターゲットに取り組んでいる。最近はクラウド・コ...

バックナンバー

連載:流行りのクラウドサービスを操ってみよう!Amazon EC2/S3環境構築のすべて

もっと読む

All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5