SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

最先端テクノロジーに対応した高速・軽量なJavaScript UIライブラリ「Wijmo」の活用(PR)

「Wijmo(ウィジモ) 5」に追加されたツリー表示部品TreeViewの利用法

ECMAScript 5に準拠した高速・軽量なJavaScript UIライブラリ「Wijmo 5」の活用 第11回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TreeViewの基本的な表示

 TreeViewの基本的な利用法を図2のサンプルで説明します。サンプルを実行すると、階層データがツリー形式で表示されます。マウスクリックの操作で、ツリーのノードを開閉できます。

図2 TreeViewの表示(001-basic)
図2 TreeViewの表示(001-basic)

 このサンプルでは、まずルートモジュール定義ファイルapp.module.tsで、Angular用のTreeView(WjTreeViewクラス)を含むモジュールWjNavModuleを読み込みます。

リスト1 TreeViewのモジュール設定(001-basic/src/app/app.module.ts)
import { WjNavModule }   from "wijmo/wijmo.angular2.nav";
(略)
@NgModule({
  imports:      [ BrowserModule, WjNavModule ],

 ルートコンポーネントファイルapp.component.tsでは、リスト2のようにWjTreeViewクラスに対応する<wj-tree-view>タグをテンプレートに記述します。

リスト2 テンプレートにTreeViewを記述(001-basic/src/app/app.component.ts)
<wj-tree-view
  [itemsSource]="treeItems"      ...(1)
  [displayMemberPath]="'header'" ...(2)
  [childItemsPath]="'items'">    ...(3)
</wj-tree-view>

 (1)~(3)はTreeViewに表示する階層データの指定で、表2の意味を持ちます。

表2 TreeViewに階層データを指定する属性
属性名 意味 デフォルト値
itemsSource 表示する階層データの変数名 なし
displayMemberPath ノードに表示する文言の階層データ属性名 header
childItemsPath 子ノードリストの階層データ属性名 items

 リスト2(1)で、コンポーネントの変数treeItemsをTreeViewに表示するよう指定しています。treeItemsはdisplayMemberPathに指定した属性名headerと、childItemsPathに指定した属性名itemsを用いて、リスト3のように記述します。

リスト3 TreeViewに表示する階層データ(001-basic/src/app/app.component.ts)
treeItems: any =
[
  {
    header: "くだもの", items: [ // ...(1)
      { header: "みかん" },      // ...(2)
      { header: "りんご" },      // ...(3)
    ]
  },
(略)
];

 (1)でノードに表示する文言「くだもの」をheader属性に、その子ノードの配列をitems属性に設定します。子ノードの配列要素(2)と(3)では、表示文言(「みかん」と「りんご」)をheader属性に設定します。これらは子ノードを持たないため、items属性はありません。

属性値を囲むダブルクォートとシングルクォート

 リスト2(1)の[itemsSource]="treeItems"は、treeItemという名前の変数をitemsSourceプロパティに設定する意味になります。一方、(2)の[displayMemberPath]="'header'"のように、ダブルクォートとシングルクォートで2重に囲んで指定すると、「header」という文字列をdisplayMemberPathプロパティに設定する意味になります。これはAngularに由来する記述方法です。

次のページ
属性を指定してTreeViewをカスタマイズ

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最先端テクノロジーに対応した高速・軽量なJavaScript UIライブラリ「Wijmo」の活用連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

WINGSプロジェクト  吉川 英一(ヨシカワ エイイチ)

WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂きたい。著書記事多数。 RSS Twitter: @yyamada(公式)、@yyamada/wings(メンバーリスト) Facebook

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLDB/PEAR/Smarty)」「独習シリーズ(ASP.NET/PHP)」「10日でおぼえる入門教室シリーズ(ASP.NET/PHP/Jakarta/JSP&サーブレット/XML)」「Pocket詳解辞典シリーズ(ASP.NET/PHP/Perl&CGI)」「今日からつかえるシリーズ(PHP/JSP&サーブレット/XML/ASP)」「書き込み式 SQLのドリル」他、著書多数

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/10236 2017/06/26 14:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング